2018年04月30日

通信《08》畦畔草刈り・稲わら燃やし・角落し桟の補給

 3日連続というのは新記録でもなんでもないと思います。4日連続というのは記憶にないですね。ということで今日は3日目の圃場通いです。今日は初めは薄曇りながら晴れ、次第に雲が広がり、やがて本曇りという天気の移り変わりでしたが、でもこのまま崩れるのではなく、明日いったん晴れて、2日、3日と雨降りということのようですね。

2018年04月30日(月)、薄曇りから本曇りへ、微風、気温21℃
□畦畔草刈り
 まず圃場A4の残りを仕上げ、さて圃場B4へと思ったところ、な、な、なんと、圃場B4、B2の西側畦畔も、圃場B4の東側畦畔もすでに刈り上がっているではないですか! 畦畔の頭のところに少しずつ刈り残しがあるということは、これは須戸先生の仕事だなと思いました。ということは、昨日はまだ残っていたわけだから、昨日私が引き揚げた後の仕事ということになりますよね。ありがとうございます、お疲れさまでした。
先日も記しましたように、須戸先生はすでに中央の農道、そして圃場A1の南側畦畔、圃場A2の北側、圃場A2とA3の間の畦畔も、そして圃場A1の北側、圃場B1の北側も刈り上げていただいています。したがってあとは圃場A3と圃場A4の間の畦畔、そして圃場Aの集落側の畦畔並びに道路沿いのみということになりました。一気に進めたいところですが、明日は神戸に出張、2日、3日は雨の予報ですからね…。

□稲わら燃やし
 昨日から続いていますが、今日は一応、圃場B2の南側から東側へと、四角形の4辺うちの2辺 
 の稲わら(畦畔に吹き寄せられ堆積した切り刻まれた稲わら)や枯草を燃やし切りました。見た目には素晴らしい仕上がりですが、部分的には堆積量が多いところの芯の部分までは燃やし切ることができていません。春起こしまでに間に合えば、さらに繰り返し火をつけたいと思います。混合油を撒いても、どうしても表面だけになってしまうんですね。
  しかし、やってみて思うのですが、これならばマコモ田、クワイ田もうまく燃やせるかもしれませんね。今日のような弱い西北の風が吹いている日は最適ですね。風向きにもよりますが、少し風があった方がむしろ上手に燃えていきますね。

□角落しの桟の補給
 春起こしを終え、代かきの段階になりますといよいよ田に水を張ることになりますから、その時に備えて角落しの桟を補給しておかなければなりません。どうしても1年の間に流されてしまうのでしょうね。ということで本日は、圃場A3とB4のそれぞれ1カ所づつ新しい板を角落しの寸法に合わせてノコギリで切り落として何枚かを補給しました。

○まあ、3日間の作業で、須戸先生のサポートもあってかなり準備が整ってきました。ただ気になるのは、依然として辻清和さんの魚粉撒布ができていないのですね。これができないと、つづく春起こし、代かき作業もできないわけですから、現在のところはひたすら魚粉の撒布待ちということになってしまいます。

○農事組合ファーム開出今の田植えも今日で3日目となりました。まだ1日2日はかかりますかね
エ。しかし全体的には、田植えはわずか、代かきもわずか、依然として黒々とした田が多いです。

2018年04月30日(月)  小池記
posted by 管理人 at 21:17| Comment(0) | 日誌

通信《07》畦畔草刈り・圃場周辺清掃

 本日はホントに快晴でした。昨日より2時間ほど早く出勤できました! 畦畔ぎわに吹き寄せられ、堆積状態の切り刻まれた稲わらに火をつけるには早朝の無風状態が一番いいだろうなって思ってできるだけ早くと思ったわけです。

2018年04月29日(日)、09:05−12:20、快晴(ただしかなり霞がかかっていました)、微風、気温20℃
□圃場周辺の清掃
 生ごみ袋、プラスチック袋の2袋が満杯になりました!

□畦畔草刈り
 まず昨日の続きで圃場B3の南側畦畔を仕上げました。勢いに乗って圃場B3の西側畦畔も仕上げました。そして、圃場A4の西側畦畔に向かったところで燃料切れとなり、ギヴアップでした。

□稲わら燃やし
 圃場B3の南側畦畔に吹き寄せられ堆積した切り刻まれた稲わらを燃やす作業です。これをやっておかないと春お起こしのトラクター作業に支障をきたすのではと思い、なんとか片づけたいと思い立っているのですが、これがなかなかの難仕事なんですね。ワラだけではなかなか燃えていきませんので混合油をかけて火をつけるのですが、そう簡単に燃え尽きてくれません(昨日ひっくり返して少しでも乾燥させておこうと手は入れておいたのですがね)。混合油4リットルを撒いたのですが、とてもとてもそんなものでは足りませんでした。また明日、チャレンジしますが4リットル缶、2缶でも足りないかもしれませんね。05月01日あたりから天気が変わりそうですからね、やっぱり明日がんばらないとだめですね。

○年々花を植え付けてきた圃場B3の西側畦畔の草刈りを仕上げましたので、もう今年の花苗を植え付けてもよいのですが、植え付けはもう少し先にします。アマリリスの2株だけが元気に育っています。とりあえず畦畔の草刈りを先行させた方がいいかなと思っています。ということで明日は、圃場A4の西側畦畔、圃場B4の西側畦畔、圃場B2の西側畦畔という順で攻めていこうと思っています。燃料切れにならないように、混合油をたくさん買い入れないといけませんね。
  
2018年04月29日(日)  小池記
posted by 管理人 at 15:28| Comment(0) | 日誌

2018年04月29日

通信《06》畦畔草刈り・畦畔清掃

 前半の連休(3連休)が始まりましたね。昨日は東京への出張でしたので、朝はあまり早くは出られませんでしたが、畦畔の草刈り、畦畔の清掃を進めなければなりませんので、圃場に向かいました。開出今の農事組合法人は早くも田植えのようでした。張り切っていますね。

2018年04月28日(土)、10:45−14:20、晴れ、薄雲広がる、微風、気温19℃
□畦畔草刈り
 先日の続きの圃場A2の西側畦畔を仕上げ、圃場A3の西側畦畔を仕上げ、圃場A4の東側畦畔に進みました。ここの仕上がりは三分の一程度です。それから圃場B3の南側畦畔に進みました。こちらは二分の一程度の仕上がりかな。理由はわからないのですがこの畦畔ぎわになぜかたくさんの切り刻まれた稲わらが堆積しているのです。明日、これに火をつけて燃やしたいなと考えているのです。そうしないと辻さんが春お起こしするのに支障をきたすと思うのです。明日午前中、無風だといいんですがね。
畦畔の草刈りは、当面、圃場A4の西側畦畔を仕上げ、圃場B3の南側畦畔を仕上げたいと思っています、そのあとは圃場Bの西側畦畔に進みます。まだなかなかですが。

○須戸先生が、大分畦畔の草刈りを進めていてくれています。助かります、ありがとうございます。

○近江八幡の渡邉さんには、圃場B1とB2の間の排水路、圃場B2とB3の間の排水路の掘り下 
 げを仕上げていただきました。

○開出今周辺の圃場で田植えが始まっています。しかし全体としてはまだまだ、代かきもできていない田んぼがほとんどです。まあしかし、やはり連休で一気に田植えは終了ということになるのでしょうね。

2018年04月28日(土)  小池記
posted by 管理人 at 00:33| Comment(0) | 日誌