2018年08月08日

通信《29》畦畔草刈り

 盆前に何とかもう1度、の思いで4時起きで田んぼに駆け付けました。昨夕あたりから少し涼しさを感じたのですが、さていかがなものか。家の近所から彦根に向かって、23℃、22℃、23℃、24℃、25℃と上がり圃場近くでは、5時ちょっと過ぎたところですでに28℃でした。ですが、帰りがけの9時20分頃でも28℃でした。たしかにここのところの気温と比べると低いのですが、仕事を始めたら関係なくとにかく暑く、汗だくです!

2018年08月08日(水)、05:10−09:20、晴れ、いい風が吹いていました。
□畦畔草刈り
 最低限仕上げておきたかったところは圃場B3の東側のクワイ田との境のところの鍵型の畦畔だったのですが、おかげさまでそこは仕上げることができました。さらに、圃場B3の北側畦畔に進み、ここは三分の二地点まで進むことができました。
 その先、少しがんばり過ぎたのですが、圃場B4の西側畦畔に進みました。3時間労働が一応の目安ですから完成は無理だったのですが、無理して仕上げてしまいました。がんばりすぎでした。
 やらねばならぬところは山ほどあるのですが、全体から見れば、ホントに私の草刈りなどはほんの気休めみたいなものなのです、改めて。

〇用水管理
 開出今集落の揚水計画によれば、今日はポンプ停止日ですね(7日、8日、9日)。ですが、ここのところずっと同じですが、圃場A2、A3、A4、圃場B4は潅水状態で、他はカラカラ状態です。残念ながら、圃場Aの西側畦畔の草刈りは盆明けになりますね。やりたいところばかりですが、お手上げ状態です!



2018年08月08日(水)    小池記

posted by 管理人 at 21:36| Comment(0) | 日誌

2018年08月05日

通信《28》畦畔草刈り

 “命にかかわる猛暑”なんのその、連日がんばっております(ホントはヘロヘロ)。本日も4時半起き、田んぼに向かいました。気温は出発間まぢかの守山あたりで24℃、以下、北上とともに23℃、田んぼ近くの5時半ごろは25℃(彦根)、帰りぎわは30℃といったところ。作業開始後、6時台でへとへと状態。まあ、1時間働いたら20分休けいのリズムが必要ですね。負け惜しみではないですけど、終わってみれば“大したことない”ですよ!

2018年08月05日(日)、05:40−09:10、晴れ後少しくも広がる、気温23℃―25℃―30℃
□畦畔草刈り
 今日は、まず圃場B4(東側入口)、圃場A4(西側入口)の機械の導入路の草刈りでした。それから圃場A4(2カ所)、A3の角落し(1カ所)周辺の草刈り。つづいて圃場B3の西側のクワイ田との境の畦畔の草刈りと進んだのですが、ここは未完成に終わりました。

〇盆前最後、と思ってきたのですが、キリが悪すぎます。やはり、圃場B3の西側畦畔はやっつけておきたいところですよね。というわけで、盆前にもう1日来ないといけないようですね。といっても そんなことは自己満足だけの話で、全体からみれば、どちらでもいい、大した問題ではないのですがね…。

2018年08月05日(日)    小池記
posted by 管理人 at 19:16| Comment(0) | 日誌

2018年08月04日

通信《27》畦畔草刈り

 ここでがんばらないと盆休みに突入してしまうと、必死のパッチで4時30分起きで田んぼに向かいました。早朝の気温は23℃ですから、今日はまあまあかなと思ったのですが、やはり暑かったです。昨夕、仕入れたネッククーラーバンドを首に巻いてみたのですが、どうかなあ?効果あったのかなあ。でも気休めでもなんでも手を打ちませんとね、倒れてからでは遅すぎですからね。
実は昨日、京阪電車のプラットホームで倒れ込んだご婦人を目撃してしまったんですよ。2人のお子様が心配そうにお母さんの顔をのぞき込んでいました。意識はあるようでしたが、立ち上がれないんですよね。ホントに熱中症が身近に迫ってきたなと感じました。しかしこちとらは、田んぼにきているたびに熱中症にかかっているみたいなもんですけどね。

2018年08月04日(土)、05:45−08:50、晴れ、気温23℃、24℃―29℃
□畦畔草刈り
 残っていた圃場B4の西側畦畔を仕上げました。南西の隅の雑草退治に少し時間がかかりました。 漏水カ所も1カ所あり、手当てしました。
 つづいて圃場B2のマコモ・クワイ田との境の畦畔の草刈りも完成させました。本日は以上です。

〇用水管理
 圃場A2、A3、A4、圃場B4は用水たっぷり、圃場A1は用水が切れかかった状態、圃場B2、B3はカラカラでひび割れ状態ということです。ということは圃場B2、B3のカラカラ状態は、田越し灌漑だから圃場A2、A3が用水たっぷりで溢れ出ている状態ですから、マコモ・クワイ田で用水詰まりが起こっているということでしょう。しかし残念ながらマコモ・クワイ田の中がどうなっているかは「闇の中」というほかはありません。

〇農薬の空中散布
 地上操作のヘリコプターによる農薬散布の時期を迎えているのでしょう。守山市、そして開出今でもカメ虫駆除の空中散布が行われていました(開出今は7時頃)。

2018年08月04日(木)    小池記
posted by 管理人 at 21:01| Comment(0) | 日誌