2018年05月27日

通信《14》田植作業・畦畔草刈り・畦畔ぎわ雑草除去

 いよいよ待ちに待った(?)田植え作業です。作業開始08時ですから、私としては07時には圃場にいるように、を目標としました。したがって05時起き、圃場着06時49分ということで目標は達成でした! 07時30分ごろに多賀から5人の“紙マルチチーム”が到着しました。08時過ぎには中江さん率いる学生4名が到着。それに辻さんと小池で、総勢12名という顔ぶれでした。さらに昼からは須戸先生率いる学生6名が加わってくれました。おっとっと、忘れてはいけないのは、苗運搬の大中の藤田夫妻です(軽トラ3回の運搬でした)。賑やかなわれらが田んぼでした!
 この他、陣中見舞いは、かの怖い怖い三田村大先生、それに元普及員の田中さん、開出今の区長さんといった方々でした。

2018年05月26日(土)、晴れ、気温は朝19℃、夕方は24℃でしたが、弱い北風が吹いていましたので、涼しささえ感じることができ、最高の田植え日和でした。
□田植え作業の進捗状況は以下の通りです。
 08:30−09:25 圃場A1(20a)   55分
 09:25−10:40   A2(30a)1時間15分
 10:40−12:30   A3(30a)1時間50分
 昼 食
 13:35−15:10 圃場B3(20a)1時間35分  ここで田植え機が沈没
 15:10−16:10   B2(10a)1時間
 16:20−17:35 圃場A4(40a)の五分の三(24a)1時間15分 
  作業面積合計1.34ha(70%)、作業時間7時間50分、10a当たり平均所要時間35分/10a。  したがいまして残りは、圃場A4の16aと圃場B4の40aで合計0.56ha(30%)ということになります。
  ということで、明日は午前中で仕上がるのでは、ということで、明日の作業開始時間は9時からということになりました。皆さん、引き続きご協力のほどよろしくお願いします。

□畦畔の草刈り・畦畔ぎわの雑草退治
 小池は一切田植え作業に加わることはなく、一人11時間に及んでひたすら畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草退治に取り組んでいました。長時間に及びましたので、さすがに圃場Bの畦畔のほとんど
 を仕上げましたので(それ以外で、圃場A4とB4間の農道の草刈りもしました)、仕上げた部分を数え上げるよりは、やり残しているところだけをメモしておくことにしておきましょう(明日午前中に仕上げる予定です)。圃場B3とB4の間の畦畔のみです。もちろんその他、圃場Aに関してはまだまだやり残している部分がかなりあります。

○混合油切れで、急いで帰って明日に備えてコーナンで混合油を買い求めておかなければなりません。せわしないことです。でも明日は午前中で仕上げて、あとは何はともあれ休養だ! 天気も明日までは何とか持ちそうですね。月、火と雨かな?

2018年05月26日(土)  小池記
posted by 管理人 at 00:26| Comment(0) | 日誌

2018年05月25日

通信《13》畦畔ぎわの清掃・用水管理

 田植えを明日に控え、何としても用水管理をしておく必要があるということで圃場に駆け付けました。といっても、26日(土)の朝8時(36時間後)に適切な用水量にもっていくように現時点で用水をどう調整すればよいのか、まったく素人というべき私にはほとんどわからないことなのです。せいぜい、現状を辻さんなり、西澤さんにTELでお伝えする程度のことしかできないわけです。到着すると、用水がどんどん田んぼに流れ込み、出口からどんどん流れ出ているという状況でした。したがいまして田には用水が満々と湛えられているという状況でした。

2018年05月25日(金)、07:45−10:55、晴れ、薄雲広がる、気温19℃(11時現在)、1時間後の草津では29℃ですから、やはりこの気温差には驚きますね。この季節にはこんなものなのでしょうか。夏になると南北差はこれほど大きいことはないのですがね。予報によれば、本日の大津の予想気温は30℃とのことでした。ということは、やはり彦根の気温が低い、涼しいということでしょうかね。
□畦畔ぎわの清掃
 何分、明日から田植えということですから、畦畔まわりを少しでもすっきりさせておきたいと思いまして、あちこちの畦畔ぎわに吹き寄せられた稲わらを掻き上げたり、畦畔ぎわのキシュウスズメノヒエの根や茎を引き上げました。キシュウスズメノヒエはとくに圃場B4の東側畦畔ぎわ、北側畦畔ぎわに集中していました。

□畦畔の草刈り
 現時点でとくに気になっているのは圃場B2の北側畦畔と、B3の北側畦畔ですが、今日はとりあえずB2の北側畦畔を仕上げました。B3の北側畦畔は明日早朝から取り掛かりたいと思っています。畦畔ぎわについては残念ながら気になるところばかりといった感じですが、少し用水が落ちてからでないと草刈りはむずかしいですね。そういう意味では、明日朝には用水はほとんど落ちていると思いますので、畦畔ぎわの草刈りもできるようになるでしょう。

□用水管理
 用水の状態については先に述べたとおりですが、とにかく満々と用水をたたえている状態ですので、まずは用水が流れ込まないように水口を閉じて、出口の角落ちの桟を1枚、2枚外して、地面すれすれのところまで水を落とさなければなりません。そう判断することができたのは、実は辻さんが圃場にきてくれて、そうアドバイスしてくれたからです。ですから今はすでに、用水は断たれ、出口からとうとうと用水が流れ出ている状態です。そして明日の朝までには、田の表面をヒタヒタの状態にもっていく必要があるということです。

○その後中江さんからも電話をいただき、私が帰路についた後、中江さんも圃場を見に行かれたとのことでした。そして明日の学生の動員(4〜5名)の手配をしていただくこと、明日の昼食の確保のことを改めてお願いしました。
  さあ、これで準備万端かな! やはり気になるのは用水の加減ですね。これが適切でないと田植えを始められませんからね、むずかしいところです。それに天候ですが、天気が良いのはわかっているのですが、紙マルチを張り巡らす関係で、無風という条件が重要なのです。まあ、何もかもを理想の条件にもっていくことは至難のわざではありますが・・・。

2018年05月25日(金)  小池記
posted by 管理人 at 21:08| Comment(0) | 日誌

2018年05月19日

通信《12》稲わら焼き・角落しへの桟の差し込み・畦畔道路わきの草刈り

 「金曜日から土曜日にかけて雨」の予報に今日も早朝より田んぼに向かいました。今日は珍しく早朝より霧深しの1日でした。しかし曇り空ながら雨は降りませんでした。

2018年05月18日(金)、07:25−09:55、曇り、霧深し、気温は21℃
□稲わら焼き
 今日は圃場B4の東南の隅に堆積している稲わらに灯油をまいて燃やしました。灯油の量が不十分ということもあって、あまり成果は上がりませんでした(つまり、表面だけ)。

□圃場Aの角落し
今日は圃場Aの5カ所の角落しに2〜3枚程度の桟を差し込みました。最終的にはさらに1〜2枚の桟の差し込みが必要になります。

□畦畔・道路わきの草刈り
 今日はついに最後に残った圃場A4の東側畦畔及び道路わきの草刈りを完成させました。一応すべての畦畔の草刈り完了ということになります。もちろんまだまだ気になる畦畔ぎわの雑草はたくさんありますが、まあ一応完成です! その後、圃場B4の東側畦畔の草刈りも一気に仕上げました。やれやれです。

○田植え日の確認
 今年の田植え予定日は26日(土)、27日(日)、そして予備日として28日(月)ということです。このことを田植えの多賀の西澤さんにTEL(18:45)、苗担当の大中の藤田さんにTEL(19:20)しました。あとは、学生の動員担当の中江さんへのお願いです。
いよいよ何とか田植えにこぎつけることができたようです。まっ、まだまだ天候に左右されることがあるとは思いますが…。

2018年05月18日(金)  小池記
posted by 管理人 at 05:18| Comment(0) | 日誌