2018年08月25日

通信《32》大豆支柱立て・畦畔草刈り

 実は23日も24日も朝4時起きで田んぼに行く気でいたのです。とくに23日は守山の金森町あたりまで行ったのです。そこでやはり雨がきつくなって引き返したのです。23日夜半に台風20号四国に上陸という予報で、滋賀県北部の降雨率は6時までが30%、12時までが50%という予報だったんですよ。30%は通常、まず農作業は大丈夫という判断をするのですが、しかし実際に強い雨が降ってきたわけですから、やはり引き返すほかはないと判断したのです。まあしかし、この判断が正しかったのかどうか、それは今でもわかりません。その後、草津での天候でいえば、十分に農作業可能な天候であったと思います。
 24日は台風が日本海に抜けた直後ということだったのですが、起きてみて、それはやはり「無理してはいかんやろう」と判断したわけです。この判断も結果的にはどうであったのかはわかりません。同様に、その後の天候からすれば農作業は可能であったものと思います。
 というわけで、今朝は何が何でもの意気込みで田んぼに向かったわけです。それに当然のことながら台風20号による大豆の倒伏が懸念されるわけです。昨年のように、倒伏後20日間もあけてしまうと、大豆もさすがに姿勢を修復することができなくなってしまいます。曲がったままで収穫期を迎える他はありません。ちなみに被害をもたらした昨年の台風は08月07日の台風5号でした。

2018年08月25日(土)、05:05−08:35、曇りのち雲間より晴れ間のぞく、気温27℃、26、27、28、27℃→ 29℃、31℃、湿度高く体感温度はもっと高く感じました。
□大豆の支柱立て
 ほとんど全株倒伏でした。今年は西に向かって倒伏ということで、昨年とは反対向きの倒伏でした。70株すべてについて、大豆を引き起こして支柱を立てて支えるという作業をしました。やはり2時間ぐらいはかかったでしょうか。もちろん同時に、圃場B2、B3の西側畦畔の草刈り、株間の雑草も含めてですが。

□畦畔草刈り
 その後1時間ほど、圃場B2の北側畦畔、B2南側畦畔の草刈りをしましたが、いずれも未完成でした。

〇われらが田んぼの稲も出穂開始です。ちなみに昨年の出穂は08月25日でした。ですから今年はそれよりは少し早めということになるのではないでしょうか。しかし前回の19日(日)にはまだ出穂は確認されませんでしたから、おそらくは23日ぐらいだったのではないでしょうか。しかし大中あたりではすでに稲刈り開始でした。

2018年08月25日(土)    小池記
posted by 管理人 at 20:10| Comment(0) | 日誌

2018年08月19日

通信《31》畦畔草刈り

 やはり今日も田んぼに来ました。昨日のうっ憤を晴らしたい、という不純な動機!?もなきにしもあらずですね。新しい刈り刃の切れ味を試してみたいというのもありますが、それよりも何よりも畦畔の草刈りを少しでも進めたいというのが意の一番の本音です。
気温は21℃、19℃、18℃、20℃―25℃ですからやはり昨日よりは上昇です。ただし、8月上旬の暑さに比べればやはり“まし”ということです。

2018年08月19日(日)、05:10−08:50、晴れ曇り、すじ雲広がる。気温21℃、19℃、18℃、20℃―25℃、心地よい風吹く
□畦畔草刈り
 今日はともあれ何としても圃場B3の北側畦畔を、と意気込んできました。完成です。つづいて圃場B2の南側畦畔に進みましたが、こちらは完成には至りませんでした。いずれにしましても、ものすごい草丈です。

〇06月18日早朝の「大阪北部地震」、07月05日、06日、07日とつづいた「平成30年07月豪雨」、豪雨の後は猛暑ということでこちらも「命にかかわる記録的猛暑」と言われ、そしてすでに20号を数える台風ラッシュと、自然の猛威に翻弄され続けているこの夏ですが、人は倒れ、もがき苦しんでいるのですが、しかし改めて思いますね、植物は強いと! 稲も強い! すでに早生種は黄ばみはじめ、明日にも刈り取りできそうな立派な育ち具合です。雑草も負けていませんが!

2018年08月19日(日)    小池記
posted by 管理人 at 17:57| Comment(0) | 日誌

通信《30》畦畔草刈り

 今日は張り切って家を出たのですが、がっかりでした。早朝、素晴らしい天候でもあり、いざっ、刈でもり始めた途端に、「こりゃだめだ」となってしまったのです。というのも明らかに刈り払い機の切れがまったく悪いのです。まったく極端に切れなくなっているのです。即座に諦めました。切れなくなった刈り払い機はまったく即座に使い物にならないのです。家に帰って刈り刃を交換するほかはないのです。8月初めのころから少しづつ切れ味は悪くはなっていたのですが、信州で池の周りを刈りましたからね、かなり石にぶつけていましたからね、それで一気に切れなくなってしまったのだと思います。10日ぶりの田んぼだったのですが…。まったく秋を思わせる日和で、湿度が低く、気温は16℃、17℃、18℃ですからね、絶好の草刈り日と張り切ったのですが、まあこれはどうしようもないことですね。何しに来たんだ、という気にもなりますが、「田んぼに“ご来光”を拝みに来たんだ」と思うほかはありません。

2018年08月18日(土)、05:05−06:05、晴れ、薄雲広がる、気温16℃、17℃、17℃、18℃、07時帰宅時の草津で22℃、04時過ぎはまだ真っ暗闇、日の出は05時40分
□草刈り、大豆の支柱立て
「草刈りした」というほどのこともないのですが、一応、圃場B4の周辺を少し。大豆、10株ほど倒れ掛かったような株に支柱を立ててやりました。

〇用水管理
 開出今集落の揚水の状況は、本日より揚水開始ということで(22日までが最後の揚水期ということになります)、そして23日に用水停止となります。そういうことでわれらが田んぼも基本的には中干し状態でした。

〇帰宅後ただちに刈り刃を交換しました。これでまた切れ味の良い草刈りが楽しめます!  常に新しい刈り刃は買い置きしてありますからね。このままでは気が済みませんから、明日また田に出かけますか? でも明日は湿度が高まり、昨日今日のような天候というわけにはいかないでしょうね。まっ、いずれにしても“このまま秋”というわけにはいきませんからね。

〇どなたかが草刈り!?
 蔵の前団地側は須戸先生? 集落の道路沿いは開出今の営農組合? いずれにしましてもご苦労様でした。昨日今日の作業ではないことと思いますので、暑いさなかの作業だったと思います。ありがとうございました。

2018年08月18日(水)    小池記
posted by 管理人 at 07:08| Comment(0) | 日誌