2017年08月31日

通信《32》大豆の支柱建て・畦畔草刈り

 本日は27日にやり残した大豆の支柱建てと、大豆の中心をひもで誘因する作業を仕上げることが第一の目標でした。併せて大豆畑の畦畔の草刈りですね。家を出る前は今日もまた暑い暑いと決め込んでいたのですが、やはり田んぼに出るとぜんぜん違うんですね、涼しさを感じるのです。

20147年08月30日(水)、16:00−19:00、曇りのち晴れ、気温28℃→24℃、涼しい風吹く
□大豆の支柱建て
 といっても実際には建てた支柱は2本くらいかな。先日支柱を建てただけで、ひもで誘因する作業を残していましたので、まずはそれを仕上げました。またぞろ台風の影響が心配されますが(台風15号)、これでもう大丈夫でしょう。それにしても地上部は本当によく茂っていて重たいです。

□畦畔草刈り
 大豆の支柱建て、ひもで誘因の作業の後、根元の雑草を除去するとともに、畦畔の草刈りをしました。全体として3時間を要しましたが、これで圃場B2、B3、B4の西側畦畔の大豆の手入れ、そして畦畔草刈りは完成です。きれいに仕上がりましたよ。つぎは、圃場B2の北側畦畔、そして圃場A2、A3、A4の西側畦畔の畦畔ぎわの雑草除去と進めていきたいと思っています。
 それにそろそろ圃場Aの東側畦畔の水口を完全に閉じなければなりませんね。そしてそのためには、圃場Aの東側にある7カ所の取水口周辺の草を刈っておかなければなりませんね。ホントに田んぼの仕事に終わりはありませんね!

○日没は18時15分、日暮れ(夕闇)は18時45分くらいですね。台風の影響なのか、田んぼには涼しい風が吹いていました。25日に出穂が始まり、瞬く間に全面的に出穂です。用水は完全になくなっています。

2017年08月30日(水)   小池記
posted by 管理人 at 11:10| Comment(0) | 日誌

2017年08月28日

通信《31》畦畔ぎわの雑草除去・大豆の支柱建て

 今日もとにかく倒伏している大豆に「一刻も早く支柱を」の思いで圃場に出かけました。ああそれなのにそれなのに、浮気心ではないのですが、ついつい畦畔ぎわの雑草の除去や、畦畔草刈りに手を出してしまいました。昨日よりは暑かったですが、陽が沈んでからもがんばってしまいました!

2017年08月27日(日)、16:15−19:25、晴れ、気温30℃→25℃、日没は18時30分?
□畦畔ぎわの雑草除去
 ついつい手を出してしまったのは、圃場B1とB2の西側畦畔です。ちょこちょこのつもりが35分くらいはやってしまったかな。

□畦畔草刈り
 つぎに手を出してしまったのは圃場B3の西側畦畔のお花畑の手入れです。と言っても今年は少し寂しい状態で、わずかにマリーゴールドが雑草に負けそうになりながら、健気に咲いていると言ったところです。刈り取りが終わったら、秋から冬にかけて花苗を植えて少し賑やかにしましょう。

□大豆の支柱建て
 今日は30本の支柱を準備して臨んだのですが、前日に残した4本と25本の支柱を建てました(合計29本)。ですから、紐でくくる作業は少し残しましたが、支柱建ては真っ暗になるまでがんばって一応完了させました。でもあと少し補完作業が必要ですね。

○今日は久しぶりに草刈りに来ていただいた田中さん会うことができました。そろそろ畦畔草刈りの無理なお願いをしなくてはと思っていたところでしたので、本当にありがたかったです。まだまだ引き続き取り組んでいただけるとのことでした。感謝、感謝です。
 それに色々と有意義なアドバイスをいただきました。一つは大豆についてです。大豆は倒伏に強いから、ほっておいても大丈夫とのことでした。大豆は倒伏して体がねじれ、ゆがんでも、莢までが曲がることはありませんとのことでした。けだし名言!ですね。
 一つは、用水についてです。出穂期には一番水がほしいところなのに、開出今は全面落水で、お手上げですと、少し愚痴気味に思っていたのですが、田中さん曰く、このくらいの状態がちょうどいい。湛水状態ではなく、水がちゃばちゃば程度あれば十分だとのこと。そして、09月10日頃に角落しの桟をすべてはずして、田を徹底的に干すように手当てすればそれで十分とのことです。一安心ですね。
 それにもう一点。無肥料でこの出来(実り具合)は上出来なんだそうです。それはそうですよね。なんてったって、無肥料なんですからね!

◎そうそうこのことを真っ先に報告しなければいけませんでした。われらがヒノヒカリも出穂です! 多分昨日、その前の日から始まっていたと思いますので、今年は08月25日出穂ということにしておきたいと思います(公式記録)。ということであれば昨年とほぼ同じということになりますが、世間では出穂は4、5日早いというのが相場のようです。

○ほんとに陽が短くなりました。日没は18時30分、19時をまわればもう夕闇です。今日は夕闇まで作業しました。

2017年08月27日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:05| Comment(0) | 日誌

2017年08月27日

通信《30》大豆の支柱建て

 今日は台風5号で倒伏した大豆のための支柱建てという目的のみで田んぼに向かいました。夕方作業でも暑さは免れないだろうと覚悟の上でしたが、空には秋雲、意外と涼しい08月の夕でした。

 2017年08月26日(土)、16:30−19:00、晴れたり曇ったり。気温29℃→26℃
□大豆の支柱建て
 支柱は初めから50本しか準備しなかったのですが、圃場B2の西側の46株の支柱建ては完成しました。作業としては、大豆を引き起こして(今年はなぜか東から西に向けて倒伏)、簡単に株周辺の雑草を除去して、紐で中心部を支柱に括りつけるだけのことなのですが、今日は圃場B2の46株についてのその作業だけで終わりでした。
 倒伏してから20日間経過してしまっていますから、この作業の効果がどれだけあるかは疑問です。大豆はやはり、倒伏したままで生き残り、育つことを目指しますから、ねじれ、ゆがみ、変形してしまっていますから、本当の修復にはならないかもしれませんね。やはり、倒伏直後に手当てしてあげることが肝心と強く強く思いました。でもこのままほっておくにもいきませんしね。

○用水の状況も、出水の状況もしっかり確認する必要があったのですが、今日のところはひたすら大豆の支柱建てに専念しました。また明日、残りの40株ほどの手当てをしなければなりません。圃場B2のコシヒカリ(10a)は、すでにしっかり穂を垂れてしっかり稔っています。多分、他のヒノヒカリは出穂は皆無と思います。周辺の田の稲刈りは順調に進んでいるようです。

2017年08月26日(土)   小池記
posted by 管理人 at 19:47| Comment(0) | 日誌

2017年08月21日

通信《29》畦畔草刈り

 前回は08月06日(日)でしたから、帰省も挟まり今日は2週間ぶりの田んぼということになります。台風の影響、やりかけの畦畔、用水管理等々が気になり、猛暑でしたが夕方作業で田んぼに向かいました。猛暑のため5時出勤になってしまいましたが!
 驚きましたが、近江八幡、彦根ではすでに稲刈りが始まっていました。そうですよね、ミズカガミなどは盆明け刈り取りと言われていましたから、当たり前と言えば当たり前なのですが。それに引き換え、われらがヒノヒカリは出穂もいまだ、というところです。まあ、ゆっくり行きましょうという感じですね。

2017年08月20日(日)、17:10−19:15、晴れのち曇り、気温31℃→28℃、05時を過ぎますと、やはり多少は暑さも和らぎますが、もちろん全身汗だくでした!
□大豆は全面倒伏
 やはり台風5号(07日)の影響は大きかったのですね。大豆はすべて倒伏状態です。と言っても全滅ということではありません。這いつくばりながら生き残っております。ですから早急に支柱を建てて、立ち上がらせてやらないとだめですね。しかしかなり太めの支柱が必要ですね(地上部はかなり重たくなっていますから)。残念ながら月曜日から2泊3日の出張が入っておりますので、早急と言いながらも、手当てできるのは23日、24日ということになってしまいます。支柱、紐を準備して立ち上げ作業をやらなけばなりません。

□畦畔草刈り
 とりあえず、常に道具一式を車から降ろして、作業を準備する場所、ベースキャンプのように使っている圃場A2の西側の農機の出入り口に使っている空間の草刈りをしました。それから圃場A2と圃場A1の角落し(用水の出口)周辺の草刈りをしました。つい先日、草刈りしたばかりなのにと思ってしまいますが、すでに相当な草丈になっていました。前回、07月の上旬から中旬にかけて刈り上げたところなんですがね。そうですね、でもすでにそれから1カ月経っているわけですから無理もありませんね。

□用水管理
 開出今の揚水計画表によれば、19日から23日にかけて揚水、24日に本年度の揚水停止という日程になっていますから(その後は全面落水)、本日のところは田には用水がたっぷりということでした。ただし、まだ出穂前に全面落水というのはわれらが田んぼにとっては辛いですね。

○たった2時間の作業時間でしたから、本日の作業はこれでおしまいでした。それにしてもめっきり日が短くなりました。07時前にすでに作業不能というところです。残暑はあるもののやはり秋に向かっているのですね。

2017年08月20日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:20| Comment(0) | 日誌

2017年08月07日

通信《28》大豆手入れ・畦畔草刈り

盆前最後の農作業になるかな、その前に何とか大豆の手入れだけはすましておきたいと思い田んぼに向かいました。「命がけの農作業」を覚悟の上での今日この頃の農作業ですが、田んぼに出てみると台風5号の影響なのでしょうか、強風と言っていいほどの風が吹いていて、思ったよりは仕事しやすかったです。それでも今日は田んぼでも31℃ぐらいまでは上がっていたと思います。19時30分過ぎの帰り際で29℃ぐらいだったと思います。少しはまし、といってももちろん汗だくだくになりました。しかし、念願の大豆畑の手入れだけはなんとか完成させました。これで雑草に負けることなく、最後まで生育することと思います。1時間おきに2度の休憩を取り、何とか正味3時間35分の農作業をこなしました。われながらよくがんばりました。少々過酷すぎますね!でもこれが農業ですね。
 仕事じまいは19時45分、すでに日が短くなっており、さすがにもう夕闇が迫っておりました。

2017年08月06日(日)、14:35−19:45、曇り、気温31℃、帰り際には29℃、強い風あり、カンカン照りでないだけましでしたが、もちろん汗だくでした。
□大豆の手入れ
 圃場B2、B3、B4ともに、畦畔の上のりの草を刈り取り、株間の草を引き、完成させました。ちょうど開花期ですね。地上部が茂りすぎて、重くなりすぎて、すでに10株ぐらいは倒伏気味でした。支柱を建てて、直立させました(10株ほど)。

□畦畔草刈り
 圃場B4の三分の二程度の畦畔の草刈りを完成させました(時間切れで内側が多少雑になりましたが)。それにしてもものすごい草丈でした。

○それにしても驚きました。われらが田んぼの圃場B2のコシヒカリは出穂開始です! 早いですね、やはり品種ですね。もちろん本体のヒノヒカリの出穂はまだまだで、多分例年通り08月下旬、早くても盆明けといったところでしょうね。それにしも圃場B2のコシヒカリはかわいそうです。一番水がほしい出穂期に田はカラカラ状態でしたから。やはりきめ細かな用水管理は無理なのですね。半分あきらめ気味ですが。
○用水管理
 よくわかりませんが、圃場A2だけは用水たっぷりの状態でした。他は多分全体としては中干し状態だと思いました。開出今の揚水計画表によれば本日は、4日から7日までの揚水期間に入っているのですがね、事情がよくわかりません。

2017年08月06日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:13| Comment(0) | 日誌

2017年07月31日

通信《27》用水管理・畦畔雑草除去

 先週の日曜日は、本職の仕事に追われ田んぼに来れなかったので、今日は2週間ぶりということで、2週間空けるとやっぱり田んぼはどうなっているのかの心配が先に立ちます。草ぼうぼうになっていないか、田んぼが干上がってひび割れていないかとか心配ばかりですね。しかしそれが、この2つの心配事に関しては田んぼに着くと喜びに変わりました。畦畔の草刈りは大方仕上がっている、田には用水がたっぷりと、まるで夢のようなことでした。草刈りは田中さんが多分1週間ほど前にやってくれたのでしょうね、ありがとうございます。用水は開出今の「揚水計画表」によれば、25日―27日が中干しで、28日に揚水開始となっていますから、多分、われらが田んぼも1度干上がった後に用水が流れ込んでいるということなのでしょうね。田の中の様子を見ると、ひび割れの上にたっぷり用水という感じでした。つぎは08月01日から03日までが中干し、04日から07日が揚水、08日から10日までが中干し、11日から15日が揚水、16日から18日までが中干し、19日から23日までが揚水、そして24日に揚水停止となっています。われらが田んぼはどうなるのでしょうね。集落に合わせておくしかしょうがないですね!
 
2017年07月30日(日)、15:55−19:35、ずっと曇り空、気温は29℃、帰るころは27℃、カンカン照りでないだけましということでしょうが、やはり汗びっしょりでした。
□畦畔ぎわの雑草除去
 今日はやり残しになっていた圃場A1の北西の隅の雑草退治でした。主としてオモダカ、それにキシュウスズメノヒエですね。田の中に相当入り込んで作業しましたので手間取りました。一応完成ということにしておきましたが、やればきりのない事なのです。

□圃場B3、B4の畦畔の草刈り、それに大豆とお花畑の手入れ
 時間が限られていましたので、ついやっつけ仕事になってしまいました。とりあえず最悪の状態は改善しておきましょう、といった仕事になってしまいました、一時しのぎの手入れしかできませんでしたので、また後日きちんと根元の雑草を取り除いてやらなければなりません。 

○それにしても驚きました。もう、行きがけの守山、中主、近江八幡、彦根の田んぼはすでに出穂が始まっているのです。驚きですねえ、早いですねえ。中にはすでに首をかしげ始めている田も多く見られました。もちろんわれらが田んぼの稲は、その気配はまったく見せておりません。つんつんしています! まあ、われらが田んぼの出穂は、08月下旬ですね。やっぱりひと月遅れなのですね。

○近江八幡あたりでにわか雨がありましたが、大したことはありませんでした。ということで、やっぱり彦根には雨は降らないのですね!

2017年07月30日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:16| Comment(0) | 日誌

2017年07月18日

通信《26》用水管理、畦畔草刈り・雑草の除去、大豆の手入れ

 16日(日)か17日(月)、佐川さん(お米の発送)の都合と、夕立ちの時間帯との間で振り回されましたが、16日は佐川さんにも振られ、夕立ちにも見舞われ、結局、17日の昼に佐川さんに来てもらい、その後、田んぼに向かうことができました(出る直前に弱い夕立あり)。湖北地方には大雨注意報、湖南には竜巻警報と物騒な予報が出ていましたが、結局何事もなく、雨にも降られず、無事夕方作業ができました。4時ごろは気温は30℃を越えていましたが、田んぼには例の不思議な風が吹いていて、なんだかやっぱり別天国みたいなんですね。もちろん暑いし、汗びっしょりかくのですが、それほど気にはならないというやはり田んぼ天国♂スですかねえ。

2017年07月17日(月)海の日、15:45−19:25、曇り気温30℃から27℃
□用水管理
 07月16日から、集落全体が全開用水に切り替わりましたので、われらが田んぼにも用水が豊富に届けられており、上の田(圃場A)も下の田(圃場B)も、ひび割れの上に満タンの水という状態になっていました。まあ一安心ではあるのですが…。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 今日は圃場A1の西側畦畔を仕上げました。須戸先生に草刈りしていただいてあったので軽く仕上がるはずだったのですが、ウキシバのひどい繁茂、それに畦畔から3メートルぐらいまでのオモダカ退治をやりましたので、2時間ぐらいかかってしまいました。しかも北西のスミを少し残しています。早めにやっておけば小1時間で仕上がるところでしょうね。

□大豆の手入れ
 そろそろ手入れしてあげないと雑草に負けてしまうかなと心配して見に行ったのですが、たしかに雑草は繁茂していましたが、大豆も成長していてすっかり大人らしくなっていて、少なくとも雑草に負けているという感じではありませんでした。今日は圃場B2の58株のところだけしか手入れできなかったのですが、残りの部分も急いで手入れしてあげないといけませんね。しかし今週は3日間研究会の開催ですから、なかなか田んぼに来れないんですよね。やはり次回は日曜日になってしまうかな? なかなか思うようにはいきませんね。

○周辺の田の大豆も緑に育ち、美しく見えます。
 今ゴミ出しに行ったら、また雷なって、雨降ってますよ。明日も不安定な空模様のようですね。夕方作業もいいですが、帰宅が8時半というのはちょっと辛いですね。でもやはり早朝作業よりは悲壮感がないだけ気楽でいいですね。

2017年07月17日(月)   小池記
posted by 管理人 at 09:15| Comment(0) | 日誌

2017年07月10日

通信《25》用水管理・畦畔草刈り・畦畔ぎわ雑草除去

 今日も夕方作業を決め込んでいました。空模様は一日中曇り、時々小雨といったところでした。京都は毎夕のごとく雷雨に見舞われているというのに彦根には雨が降らないようです。あとから聞いたところ草津は雷が鳴って結構の降雨があったようでしたが、われらが田んぼ周辺は今日も降雨なしでした。気温は彦根もだいぶ上がって29℃、しかも無風でしたので、暑かったです。まあそれでも夕方、曇り空ということでまあ仕事になったというところですね。

2017年07月09日(日)、15;45―19:10、曇り空、時々小雨、気温29℃、無風
□用水管理
 今日はがっかりでした。やはり農業用水が来ていないのですね。とくにひどいのは圃場A2、B2系統のところで、圃場B2は完全に干上がり状態です。あれだけお願いしたのに、それで先週の日曜日にはやはり手当てしていただいた効果で農業用水が届いていると喜びましたのに、どうしたことなのでしょうね。水利係の堀居さんにTELする元気も出ません。圃場B2の苗の育ちも他に比べると良くないですね。品種が苗の関係でここだけコシヒカリが植わっているせいでしょうかね。少し心配です。

□畦畔草刈り、畦畔ぎわの雑草の除去
 今日はようやく圃場A4の西側畦畔を仕上げました。つづきで残るは圃場A1の西側畦畔ですね。しかし用水が不足気味なので、畦畔ぎわの雑草除去は水洗いができないだけにちょっと無理な感じですね。つづいて、圃場B3の北側畦畔の雑草除去も引き続き進めました。

〇そろそろ全体の畦畔草刈りを田中さんにお願いしないといけませんね。
〇雨不足で大豆の育ちも元気なく、ちょっと心配です。次回にはきちんと間引きをしてあげないといけませんね。

2017年07月09日(日)   小池記
posted by 管理人 at 17:10| Comment(0) | 日誌

2017年07月04日

通信《24》用水管理・畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去

今日は早くから夕方作業と決めていたのですが、14時15分頃からはげしい夕立となり、普通であればここで完全にあきらめるところと思いますが、なぜか強気に、田んぼに着くころには絶対雨は上がるの確信で家を出ました。近江八幡を過ぎたあたりから小降りになり、田んぼに着くころに、見込み通り小雨がぽつりぽつりの状態になっていました。もちろん作業にはまったく支障のない程度のものでした。ということで本日は強気の対応が功を奏し、気温24〜26℃というこの時期にはなかなか得がたい条件の下で作業をすることができました。と言っても、もちろん汗びっしょりです、決して生易しい作業ではありませんでした。

2017年07月02日(日)、曇り、強い夕立ち、小雨、気温24〜26℃
□用水管理
 06月29日(木)に水利係の堀居さんに強くお願いしたこともあって、本日はわれらが田んぼにも用水が届いていました。それに06月29日(木)から30日(金)にかけての降雨、それに本日の夕立(強い降雨は20分程度ではありましたが雨量は相当量あり)もあって、田んぼはほぼ良好な湛水状態でした。この調子を07月中旬まで保つことが必要です。その後、中干しですね。
 堀居さんに感謝、感謝です。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 今日は圃場A3の東側畦畔を仕上げました。つづいて圃場A4の東側畦畔に進みましたがここは仕上げることはできませんでした。それに少しだけ圃場B3の北側畦畔の畦畔ぎわの雑草除去にも手をだしました。早く圃場A1、A2、A3、A4の西側畦畔に進みたいのですがなかなか思うようには進みません。圃場A2の北側畦畔にも進みたいです。

〇青大豆は順調に育っていますが、もう少ししたら間引きと、移植(補植)をしたいと思います。帰宅は20時過ぎでしたね。

2017年07月02日(日)   小池記
posted by 管理人 at 10:39| Comment(0) | 日誌

2017年06月30日

通信《23》用水管理・大豆の手入れ・畦畔草刈り

 用水も心配、大豆も心配で今日は夕方作業を目指して圃場に出かけました。天候は曇りで、気温もせいぜい27℃程度だったと思います。もちろんそれでも汗はびっしょりかきましたが、それでもまだまだしのげるという感じでした。家に着いたのは20時過ぎで、日はとうに暮れ、しっかり夜のとばりも降りてということでした。早朝5時起きのような悲壮感はなく! 夕方作業というのもいいものだと思いますが、それも今のうちだけかもしれませんね。それに蚊の大群に襲われたら大変ですしね(幸い本日はまったく蚊の被害はありませんでした)。 

2017年06月29日(木)、15:35−18:55、曇り、気温27℃
□用水管理
 目も当てられません、の一言です。もう完全に中干し状態です。23日に水利係の堀居さんに送ったメールは以下のとおりものものです。
用水管理の状態(06月23日)
本日も田んぼに行ってきました。用水管理についてのコメントは以下のとおりです。よろしくお願いします。
 見た目には良好な状態と思いましたが、間もなく用水不足になるという感じです。とくに圃場A4、B4、圃場A3、B3には用水がまったく届いていない状態です。日曜日から雨で、本格的に梅雨入りという予報ですから、用水管理はむずかしいですが、開出今の揚水計画表によれば、開出今の慣行作では田植え後50日で中干しですから(05月01日に田植えとして、06月中旬に中干し開始ですから)、われらが田んぼの場合は07月中旬までは用水が必要なのです(集落の最初の中干しが不要)。その後、07月中旬から08月中旬まで中干し、その後08月いっぱい湛水、08月31日に後口全開で完全に落水、というような用水管理が理想なのではないでしょうか。もちろん降雨量にも左右されるのですが…。
 それで帰宅してすぐに堀居さんに電話で確認したところ、やはりこのメールを見ていただいてなかったということで、がっかりです。それから1週間の経過ですからね、そりゃあ中干し状態になってしまいますよね。ただちに用水を回していただくようにお願いしたのですが、やはり心配していた通り、周辺の田がすべてすでに中干しに入っていて、ポンプアップしてわれらが田んぼだけに用水を届けることがむずかしいということなんです。しかしそれではこちらも困ってしまうわけで、ここは何とかしてくださいとお願いするほかはないのです。たしかに明日、明後日の降雨確率は高いのですが(70%から50%)、そしてたしかに降ることは降るのでしょうが、雨量についてはどこまで期待できるかどうか。沖縄、奄美大島はすでに梅雨明け宣言ということですしね。われらが田んぼは07月中旬まではやはり用水が必要なわけですし、ここはポンプアップしてでも用水を回してもらわないと困ります。(夜の11時50分に降雨を確認)

□青大豆の生育。発芽状況
 100%発芽を確認! やはり最初から2粒播種すべきだったんですね。圃場ごとの生育状況は以下のとおりです
 圃場B2の58株:生育42株、発芽確認16株、補植02株
 圃場B3の22株:生育13株、発芽確認09株、補植02株
 圃場B4の20株;生育12株、発芽確認08株、補植00株
 合 計     ;生育67株、発芽確認33株、補植04株
 しかしまだ弱弱しい株もありますから補植は必要になると思いますが、2粒播種のものがすべて発芽していますから、今後は追い蒔きせずとも、補植で対応できると思います。
 株回り等、ざざっと除草しておきました。お花畑もざざっと草を刈っておきました。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 青大豆の手入れに時間がかかり、今日は圃場A3の西側畦畔の二分の一程度しか仕上げることができませんでした。この作業の継続のためにも中干しは困るのです。

〇圃場A1、A2の畦畔の草刈りをしていただいてありがとうございます。また大学の除草機で須戸先生でしょうね。ありがとうございます。助かります。

2017年06月29日(木)   小池記
posted by 管理人 at 11:22| Comment(0) | 日誌