2018年04月22日

通信《05》豆がら焼き・畦畔草刈り

 今日は豆がら焼きとか畦畔草刈りとか、辻哲さんに春起こし・代掻き作業のお願い、下稲葉の辻清和さんに魚粉撒布の資料の手渡し等々、いろんな課題をもって圃場に駆け付けました。気温の予想は30℃を超えるのではとか、7月中旬の気温とかいろいろありましたが、多分穏やかな天候だろうなと思って圃場に参りました。

2018年04月22日(日)、10:25−12:25、晴れ、気温25℃、風はほとんどなく穏やかな天候
□豆がら焼き
 テラスにほったらかしになっていた米袋15袋分の豆がらを、圃場B2の南側畦畔の畦畔ぎわで焼きました。ほとんど無風状態でしたので、安心して焼くことができました。よく乾燥していたこともあって、ごくごくスムーズに焼くことができました。

□畦畔の草刈り
 なんとなく仕事始めの気分でまずは畦畔の草刈りということで、圃場A1の西側畦畔の草刈りを仕上げました。そして圃場A2の西側畦畔に進み、こちらは二分の一ぐらいの仕上がりです。すでに相当な草丈なのですが、春先ということもあって、鍬は柔らかく、順調に草刈りができました。

〇その後、春起こし・代かき作業のお願いに開出今の辻哲さんのお宅に伺おうと出かけたのですが、ここ数年伺ったことがなかったので道に迷ってしまいました。あっさりあきらめて、つぎに下稲葉の辻清和さんの作業所に向かいました。こちらは魚粉撒布のお願いです。丁度昼休みの時間帯でしたので、辻さんにお会いすることができました。いつもながら突然のお願いでホントに恐縮の至りですが、おかげさまで快く魚粉撒布を引き受けていただきました。しかし、辻さん腰を痛めているということで、この時期の腰痛はつらいですね。
 
○早くも連休が迫ってきていますね。時間をみつけて、畦畔の草刈りに精を出したいと思っています。

○周辺の田んぼの様子ですが、ぼちぼち水が入りはじめたというところでしょうか。まだ代かきには至っていません。辻清和さんはすでに田植えを始めたといっておりました。

2018年04月22日(日)  小池記
posted by 管理人 at 23:04| Comment(0) | 日誌

2018年04月15日

通信≪04≫渡辺重機と土地改良についての打ち合わせ

 本日(14日)は、大きな課題として残っている、2012(平成24)年以来マコモ・クワイ田に転換してその後荒らしてしまっていた圃場B1の20a、圃場B3の10a、合計30aの復田に向けての土地改良についての近江八幡の渡邉重機の渡邉さんと打ち合わせするために、10時に圃場に集合する約束になっていました。私が09時50分に圃場につきますと、すでに中江さんと渡邉さんが圃場を見回っておられました。短時間ではありましたが、以下のようなストーリーで今年から来年にかけて荒廃田の解消に向けて取り組む方向で話がまとまりましたので報告いたします。
 とりあえずは、埋没した圃場B1、B2の間、圃場B2、B3の間の2本の排水路を掘り下げる。これには来週の16日(月)に着手して直ちに仕上げる。これによって秋までの圃場B2、B3の荒廃田の水はけを良くしておく。そして収穫後の秋に、2枚の荒廃田30aを掘り起こし、掘り交ぜて、がまや葦を退治する。後、春先までにがまや葦が芽を出したら再度トラクターでかき混ぜる。そして2019(平成31)年より田植えを再開する。
 以上のようなことを中江、渡邉、小池の3人で話し合いました。ハッピーストーリーになりますようにと祈るばかりです。

 それにしてもここのところ晴天が続きすっかり田んぼが乾いています。そろそろ急いで魚粉散布、春起こしを急がなければなりませんね。森田さん、辻さんに早速連絡を取るようにします。

 みなさん、ネットで「環境こだわりからオーガニックへの深化」で引いていただきますと、なんとなんと、通信《03》「農事組合法人ファーム開出今」が掲載されているのですよ。どなたかにノミネートしていただいたのですね。びっくりでした。でも部外者にこれだけを読んでいただいても、この話し合いのもつ重要な意味のすべてを理解していただけないかもしれませんね。

2018年04月15日  小池記
posted by 管理人 at 16:04| Comment(0) | 日誌

2018年04月01日

通信《03》農事組合法人ファーム開出今との交流会

通信《03》農事組合法人ファーム開出今との交流会

 去る26日(月、19:00−20:45)、開出今会館で環境教育開出今プロジェクトと農事組合法人“ファーム開出今”の皆さんとの交流会を開催いたしました。プロジェクトからは小池と中江さんの2人が出席しました。農事組合法人からは15人の役員の全員の皆さんが出席されました。農事組合法人“ファーム開出今”は昨年、90名を超える組合員によって設立されました(役員は15名です)。
 私どもプロジェクトの圃場は、当初、開出今集落との間で交わした、2006年06月を始期とする10年間の使用貸借の契約に基づいて使用されてきました。したがいまして、現在はすでに契約期間をオーバーして3年目を迎えているということになります。そういう中、昨年、開出今集落に農事組合法人が立ち上がって、そのうちの何人かのメンバーに、私どもが使用してきました圃場で、“いのちはぐくむ農法”を受け継ぐ意向があることを知り、こちらも大歓迎ということでエールを交わしてまいりました。そして今回の交流会の開催という運びに至ったわけです。
 当日は、こちらから、『博士たちのエコライスーいのちはぐくむ農法で米作りー』サンライズ社、2015年07月、それに別添資料として資料《01》、《02》、《03》、《04》を、それに新聞切り抜き記事「滋賀県 環境こだわり農産物、オーガニックへ深化」(日本農業新聞2018年02月13日)の6点の資料を配布して、それに基づいて小池が40分ほどの報告をして、後、1時間ほど意見交換しました。
 この意見交換会は、“いのちはぐくむ農法”を引き継ぐことを前提にしているわけではなく、引き継ぐことができるかどうか、慎重に検討することを前提に開催を継続していきましょうという趣旨のもとに開催されたものです。
 第1回としては、さまざまな素朴な疑問点がたくさん出されまして、開催趣旨にかんがみてきわめて有意義な交流会であったと思います。もちろん全員の協力は大切なものですが、重要なのは数人のコアになる人を結集することができるかどうかです。



注:資料《01》《02》《03》《04》は添付させていただきます。参考にしてください。 

資料01 なぜ命はぐくむ農法でがんばるのか.pdf
資料02 博士たちのエコライスからのメッセージ.pdf
資料03 株式会社エフエム滋賀10の論点.pdf
資料04 オルタナティヴ農業をどう発展させるか.pdf


2018年03月31日  小池記
posted by 管理人 at 10:30| Comment(0) | 日誌

2018年03月05日

通信《02》30年産に向けて始動

 昨日とは打って変わって、今日は雨模様ですね。
 さて、30年産の稲作の準備を始めなければなりません。まずは協力者に例年通りの協力をいただきますよう、協力依頼のお手紙を出さなければなりません。ということで昨日は、魚粉提供者の森田清和さん、春作業担当の辻哲さん、苗づくりの藤田欽司さん、田植え作業の西澤義雄さん、刈り取り作業の辻清和さんに、それぞれ協力依頼のお手紙を書きました。
 その一方で、31年産からの取り組みについて、開出今に立ち上がった“農事組合法人ファーム開出今”(世話人堀居修)との話し合いも始まろうとしいています。また、マコモ田の復元工事につきましても中江研介に、近江八幡の渡辺重機と交渉を進めていただくようにお願いしています。
こうやって、例年のごとく今年の田んぼの作業が始まろうとしているのですが、私たちの米作りも今年で12年目を迎えるのですね、感無量です。まっ、この1年間、また共に働き、共に学びの1年にしたいと考えていますので、皆様にはどうか引き続きご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

2018年03月05日(月)     小池記
posted by 管理人 at 17:07| Comment(0) | 日誌

2018年01月08日

通信《01》仕事始め・畦畔清掃

 皆さん、新年を迎えました。今年もよろしくお願いします。昨年の田んぼの仕事始めは11日でしたが、仕事は大豆の収穫と畦畔清掃でした。青大豆の収穫はすでに昨年12月22日に終えていますので、今年の仕事始めまずは畦畔の清掃ということになりました。それに明日の天気予報が雨ですから(成人式ですから晴れであってほしかったのですが…)、仕事始めは今日に限るとばかりに出かけてきました。
本日の天気はちょっと複雑でした。湖南地方(草津、守山等)は昼前から完全に曇りの状況、彦根の昼頃はむしろ晴れでした。しかし昼過ぎになると彦根も曇り空に変わっていきました。夕方、守山、彦根は昼前よりはむしろ雲が薄くなっていました。いずれにしても、雨の心配はまったくないというのが本日の天候でした。もちろんさすがに彦根には冷たい風が吹いてはいましたが(伊吹山をはじめ、琵琶湖を取り囲む山々の峰々はもちろん完全な雪景色です)、日差しがありましたので体を動かしている限りは寒さをまったく感じないという1日でした。

2018年01年07日(日)、曇り、晴れ、曇り、気温9℃
□畦畔の清掃
 やり残していた圃場B4の西側畦畔の清掃、仕上げました。それから圃場3の北側畦畔に向かいましたが、こちらは二分の一以下といったとこでした。
  まあ、ささやかな作業量ではありましたが、かくして何とか2018年産の米作りをスタートさせることができました。皆さん本年もよろしくお願いします。

〇なお、家に持ち帰った青大豆の莢剥きの進捗状況は、11袋中6袋ということで、ようやく二分の一を越したところです。最終、収量は確実に5kgを超えると思います。ただし、品質が問題です。小粒で、かつ、選別が不徹底です。

2018年01月07日(日)     小池記
posted by 管理人 at 09:22| Comment(0) | 日誌

2018年01月03日

通信《45》2017年産ヒノヒカリの食味値の調査結果

 12月20日(水)に米・食味分析鑑定コンクールの『分析資料集』が届きましたので、2017年11月25日(土)、26日(日)、山形県真室川町で開催された第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(小池はフランスへの出張で初めて欠席)でのわれらが田んぼのヒノヒカリの食味値について簡単な集計を試みてみました。以下は、米・食味鑑定士協会『平成29年産新米全出品米分析資料集』に基づく集計結果です。
 検体総数は5345検体(一般検体に限定、全国農業高校お米甲子園、外国出品米を除く)でした。これに対してヒノヒカリの検体数は194検体で、全体の3.6%にあたります(いずれにしましてもコシヒカリの割合が検体総数の70%を超えているという状況に変わりはありません)。そのヒノヒカリの194検体すべての食味値についての調査結果は表1に示すとおりです。われらがヒノヒカリは検体番号2001と2002の2点です。つまり2点ともに食味値83で、194検体のうちで上位11番目にランクされています。これは初年度(2007年)にわれらがヒノヒカリが出した当時のヒノヒカリ部門の日本新記録の83に並ぶものですから、やっぱり立派な成績といえると思います。しかしこれは、結果的に本年が無肥料栽培になってしまって、単位収量が6俵弱となったことと関係しているように思えます。

2018_0103a1.gif
2018_0103a2.gif

 食味値別にみた検体のばらつき状況は表2に示すとおりです。食味値の最高は87(過去では食味値90を超えたものもありました)、最低は64ということですが、食味値78〜83のところに全体の66%の検体が集中しています。
2018_0103b.gif


 表3は、府県別にみた検体の分布状況を示しています。ヒノヒカリはもともと九州で開発された品種ですから、現在でも九州6県で全体の74%を占めている状況です。温暖化の影響もあって、そこから年々北上しているわけですが、今年はついに近畿を超えてさらに東海の静岡県まで北上したということになります。近畿も徐々に増えていますね。47検体、24%を占めています。
 いずれにしましても、われらがヒノヒカリが食味値83を記録したことは本当に嬉しいことです!が

2018_0103c.gif

posted by 管理人 at 22:00| Comment(0) | 日誌

2017年12月25日

通信《44》畦畔の草刈り

 青大豆を植えた畦畔の草刈り(というか畦畔の清掃というべきか)が、今年最後の農作業になるのかなと思いつつ今日は圃場に向かいました。

2017年12月23日(日)、12:55−15:55、晴れながらも薄雲広がる、夕方には薄曇り、8℃、無風、日16時38分、昨日に引き続き良い天気です。
□畦畔草刈り
 今日は、青大豆作付け跡の畦畔の草刈り、清掃です。ついでに田の中の畦畔ぎわもきれいにしました。しかし残念ながら完成は圃場B2、B3だけでした。田の中の清掃もありましたので、圃場B4の畦畔にまで手が回りませんでした。年内にもう1回来れますか?来れなかったら年明けになりますが、この作業はぜひやっておきたいと思います。ほんとにきれいになりますよ。もう、春の花の苗を植え付けたくなってしまうくらいです。それに圃場全体の清掃もやっておかないといけませんね。プラスチックごみ、空き缶、棒っ切れ等々さまざまなごみが田の中や、畦畔に投げ込まれているのです。これもぜひやっておきたい仕事ですね。

〇農作業は今日が最後になるかもしれませんが(もう1回来たいと思っていますが…)、それでも通信はもう1回、去る11月25日、26日に山形県真室川町で開催された第19回米・食味分析鑑定コンクールにおけるわれらがヒノヒカリの食味結果をご報告したいと思っています。乞う、ご期待、です。

2017年12月23日(土)、小池記
posted by 管理人 at 16:37| Comment(0) | 日誌

通信《43》青大豆の収穫

 本当に何日ぶりの圃場でしょう! 過去の通信をまくってみると、前回は10月09日に「畦畔草刈り、クサネムの抜き取り作業」ということでした(通信《40》)。そしてこれが刈り取り前最後の作業になるでしょうと記してあります。まあ、73日ぶりということになってしまうのですね! 途中、11月25日から12月10日までの16日間のフランス出張はありましたが、それにしてもまさに「かくも長き不在」といったところですね。今どうしてもやらなければならないことは、青大豆の収穫です。昨年のように年を越すことだけは避けたいと、今日はようやく圃場にやってきたというわけです。それに日曜日は雨という予報ですし、今日と明日と気張って今年最後の農作業に励みましょうと思い立ったわけです。

2017年12月22日(金)、12:05−14:25、快晴、無風、6℃―10℃
□青大豆の収穫
 結局今年は100株近く植えたつもりだったのですが、実ったのは80株くらいでしょうかね。収穫しての感じでは、昨年に比べると1株、1株が小ぶりだなということです。ですから収量は昨年より少ないかもしれません。やはり8月7日の台風5号の影響が大きかったと思います。全部倒れてしまいましたからね。加えて、ただちに支柱建てて起こしてやればよかったのですが、手当てが遅れてしまいましたからね。それに、そもそも白大豆に比べて青大豆は収量性が低いのかもしれません。まっ、仕上げてみないとわかりませんがね。
  作業としては、ヒモを切って、支柱を引き抜いて、根を切り捨て、若干、枝を切りはずして袋詰めするという手順です。大豆作りも3年目ですから、収穫作業も慣れたもので、2時間ほどですべての収穫を終えることができました。全部で11袋でした。これを家に持ち帰り、しばらくテラスで乾燥させて、その後に莢剥きすれば収穫作業は完成です。莢剥きが大変ですよね。まっ、夜なべ仕事ですね。
  昨年は、11月13日、17日、12月24日、そして年を越して01月11日と4日かけて収穫したのですが、今年は軽く2時間余りで収穫作業完了でした。その後、家に持ち帰り、袋詰めの状態でテラスに置っくことにしました。数日おいて莢剥きを開始しようと思います。

〇今日は冬至だったのですね。これからは少しづつ日が長くなっていくのですね。でも寒さはこれからですよね。それにしても今日はほんとによいお日和でした。気持ちよかったです。

2017年12月22日(金)   小池記
posted by 管理人 at 16:35| Comment(0) | 日誌

通信《42》反省会・次年度に向けての経営方針・引継ぎ等

 近年開かれていないかった反省会、慰労会を昨日(11月09日、木)、南彦根の魚忠で開催しました。出席者は、収穫作業担当の辻清和さん、曽我さんのお二人、地元開出今から平成29年度水利係の堀居修さん(開出今フォーラムのメンバーでもある)、取組開始の2007(平成19)年からお世話になっている辻哲さん(魚粉散布、秋起こし、整地作業担当)のお二人、生産者側から中江研介さんと小池の二人、そして今回呼びかけ人としてお世話いただいた田中良典さん(畦畔草刈り担当)の7人でした。
 小池から開会にあたり、今年の刈り取り作業の結果についてふれ、まず収量がコシヒカリ、ヒノヒカリ合わせて6 330kg(211袋)、単収5.71俵であったこと。昨年の7俵弱との比較では見劣りするものの、今年が無肥料栽培であったことからすればそう悪い結果とはいえないこと。11月25日、26日に山形県真室川で開催される米・食味分析鑑定国際コンクールには、コシヒカリ1検体、ヒノヒカリ2検体をノミネートしていることなどを報告しました。
 加えて、10月11日(水)の刈り取り後の天候が、14日(土)、15日(日)、16日(月)と雨が続き、21日(土)、22日(日)には台風21号が、28日(土)、29日(日)には台風22号に見舞われることになり、まさに11日の刈り取り作業が絶妙のタイミングで行われたことに深く感謝申し上げました。つづきまして、来年に向けて、すでに森田清和さんからは次年度に向けての魚粉の確保が可能との報告をうけていること、しかし10月中旬以降の多雨によって年内の魚粉散布、秋起こしは見送らざるを得ないこと、したがって田の乾き具合をにらみつつ魚粉散布、春起こしを実施していただくようお願い申し上げました。加えて、今後、開出今教育・研究プロジェクトを開出今の新たに立ち上がった法人、「開出今フォーラム」に引き継ぐ方向での準備を進めていくことを提案させていただきました。
 その後のフリートーキングでは、昨年、今年の作柄や、刈り取り作業の状況、水管理のあり方、品種選択のあり方、農業の魅力をいかに若者に語り継いでいったらいいのか等々について語り合い、楽しいひと時を過ごすことができました。
 ということで、反省会、慰労会、収穫祭という側面、次年度に向けての経営方針、経営継承という側面を併せもった意義ある懇談の場をもつことができました。ありがとうございました。

2017年11月10日(金)   小池記
posted by 管理人 at 16:31| Comment(0) | 日誌

通信《41》刈り取り作業並びに収量

 10月11日(水)、15時17分に田中良典さんから以下のメールが飛び込みました。
 本日10時頃から収穫が始まり、先ほど無事完了しました。ぬかるみが少なく、刈り残しはゼロでした。収穫量は昨年よりもかなり少なそうです。
 
 これに対する私のお礼のメールは以下の通りです。
 感激です! 8日も、9日もクサネム退治したのですが、圃場A3はまだまだという完成度でした。低収量はやむをえません。無肥料ですかね、覚悟の上です! 立ち会っていただいたのですね。いつも本当にありがとうございます。稲刈り前にもう2日ほどクサネム退治に入りたかったです。取り急ぎお礼まで。 10月11日、16時24分

 21日(土)、22日(日)の台風21号をはじめとする、その後の天候不順を思うと、辻清和さんには、本当に絶妙な日程で稲刈りしていただいたと、感謝に堪えません。本当にありがとうございました。

 その後、年10月20日(金)に田中さんより以下のような収量報告がありました。
籾すりが終了して、収穫量及び検査結果が確定しました。
・ヒノヒカリ・・・200袋(6,000kg) オール1等
  収穫面積を175aとすると、10aあたり収量は342 .9kg(5.71俵)となり、まずまずの収量と品質でした。
・コシヒカリ・・・11袋(330kg) オール1等
・28年産の籾貯蔵のヒノヒカリ・・・23袋(690kg) オール1等

 先に田中さんは収量は昨年よりかなり少なそうとのことでしたが、昨年のデータは以下の通りです。
  総収量は7 146kgでしたので、
  7146kg÷175a≒408kg÷60kg≒6.81俵/10a
 ですからまあ、今年の収穫量は対昨年対比1俵落ちということですね。
 去年はあんなに苦労したのに、ほとんど絶望的な思いをしたのに、それがほとんど7俵取りだったんですね! わからないもんですね。

○なお、米・食味分析鑑定国際コンクール(本年は玉形県真室川町で、11月25日、26日開催)に向けて、われらが圃場からは、10月25日(水)に3検体(ヒノヒカリ2検体、コシヒカリ1検体)を発送しました。今年は第19回ですが、私はフランス出張のため、コンクールには初めての欠席となります。収量が低かったですから、多分食味値は80を超えると思います。お楽しみですね。

2017年10月28日(土)   小池記
posted by 管理人 at 16:29| Comment(0) | 日誌