2012年10月06日

通信<31>米ぬか撒布畦畔周囲の清掃

 収穫後の圃場を確認して今後の作業計画を立てなければなりませんので、近々に圃場に行かなければならないと思っていました。収穫作業を終えて(9月29日)、早くも1週間が過ぎようとしているんですよね。ついでに、お花畑の草を刈り、圃場A1の団地ぎわのひえをなぎ倒し、6月以降たまりにたまっている米ぬかを散布して、と思っていたのですが、肝心の刈り払い機を車に載せ忘れてしまいました。米ぬかを5袋積み込みましたので、はじめから刈り払い機を載せるのは無理だったかもしれません。

2012年10月06日(土)、曇り、08:45−11:25
□米ぬか撒布
 昨年から圃場A1(20a)に撒布していますので、今年も圃場A1に散布することにしました。といっても昨年は東側から撒き始めましたので、今年は西側から撒き始めることにしました。印をつけていますので昨年の撒布と重複することはありません。今日は、運んできた5袋の米ぬかを約1時間かけて撒布し終えました。

□畦畔まわりの清掃
 辻さんにその後さらに畦畔の草刈りを進めていただいておりましたので、畦畔の草刈りはほぼ終わっている状況です。圃場B1の南側、西側畦畔、それに私が担当している圃場B3の北側畦畔、西側の仮設畦畔が残っているだけです。お花畑の花はなお見事に咲き誇っていますが、ここの雑草も刈り取る必要があります。今日はのこぎり鎌まで角々にわずかばかり刈り残された稲や、稲株等を始末しました。

◎ビッグニュースです、大豊作です!
 安居農場で乾燥、調製、検査の作業を進めていただき、10月05日(金)に琵琶倉庫に搬入していただいております。安居さんから収量データが送られてきました。以下に結論だけメモしておきます。
 コシヒカリ(圃場B2:0.10ha)→ 13袋、6.5俵、390kg
 ヒノヒカリ(圃場A1、A2、A3、A4、圃場B4、B3:1.75ha)→ 276袋、138俵、8 280kg
      単収  7.89俵(473kg)
 しかも等級はオール1等とのことです。すばらしい成果です。10アール当たり収量は新記録です(これまでの記録は21年産米の6.90俵)。皆さんの苦労が報われましたね。
また、これまでの収穫量の推移については表1のように整理してみました。ご参照ください。

2012_10_06.gif

○これからまた、平成25年に向けての作業(魚粉撒布、秋起こし等)が始まります。よろしくお願いします。

2012年10月06日   小池恒男
posted by 管理人 at 20:14| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]