2012年09月28日

通信<29>収穫作業

コンバイン.jpg

バングラディシュ.jpg
都会育ちで稲刈りは初めて。
バングラディシュからの留学生

実り.jpg

収穫.jpg

学生1.jpg

 
本日(27日)は、予定通り圃場B1(20a弱)の日本晴、圃場B2(10a強)のコシヒカリの収穫作業を実施しました。好天気に恵まれたのですが、とにかく暑かったです。作業に従事したのは、学生が約30名、先生方その他が8名ぐらいかな。体制としては、刈り取り・脱穀は大学の農場のコンバイン、日本晴は籾状態で農場のトラックで農場の乾燥施設へ、コシヒカリは同じく籾状態で安居さんのトラックで新海集落の安居農場の乾燥施設へ搬送。手刈りとコンバイン刈りのミックスでした(詳しくは後掲の須戸メモを参照)。圃場ごとの簡単な作業工程は以下のとおりです。

□2012年09月27日(木)、晴れ、9:00集合、15:45解散
圃場B1(20a弱、日本晴)   09:20−12:00、手刈り二分の一、見込み収量7俵/10a?
圃場B2(10a強、コシヒカリ) 12:45−15:30、手刈り五分の一、見込み収量7俵/10a?

*本日はまたたくさんの畦畔の草刈りを実施しました。
 圃場B1の北側畦畔(須戸先生)
      南側畦畔の1部(船尾クン)
      東側畦畔
B2の北側畦畔の二分の一(船尾クン)
      東側の仮設畦畔(船尾クン)
      南側畦畔の1部 
   B3の北側畦畔の三分の一

*大学生協にはジュース等の飲み物、昼食の提供、作業終了後のおもてなし等々大変お世話になりました。農場の芝原さん、門脇さんには無理なお願いを受けていただきありがとうございました。

◎今後のヒノヒカリの刈り取り作業の予定

圃場A1(20a)A2(30a)A3(30a)A4(40a)、圃場B3(15a弱)B4(40a)合計1.75ha
 安居さんとの打ち合わせの結果、明日(28日)、明後日(29日)で仕上げる予定です。実り具合からすると少し早めかなというところですが、現在の乾燥状況が最高に近い状態にあること、10月1日、2日あたりに台風の影響で時雨れる可能性があるという2点が急ぐ理由です。
ということになりましたので、私は解散後1時間ほどかけて、圃場B3、B4、A2、A1のコンバインの入り口の草刈りをしました。
◎皆さん本当にご苦労様でした。毛利さん取材ご苦労様でした。

須戸先生から早々とコメントが送られてきましたのでそのまま以下に添付します。

皆様、今日の稲刈りご苦労様でした。
おかげで予定していたすべての刈取りを終えることができました。
現場の感触では、手植えをしたB1圃場の収量は、一反(10アール)あたり7俵(420kg)前後になりそうです。たぶん近隣の水田と比べてもそれほどひどくなく、去年のB1圃場の3倍以上になると思います。
参加者は総勢30名程度、作業としては、
9:20〜12:00 B1圃場1/2を手刈り、1/2はコンバインによる刈取り
12:45〜15:30 B2約1/5手刈り、4/5コンバイン
といったところでしょうか。
終了後、16:30から生協さんのご厚意の差し入れで(昼食、飲み物なども差し入れです)1時間ほど打ち上げを行いました。
土が柔らかく、コンバインが入れるかどうか分からなかったので、最初から手刈りの予定を入れましたが、来年以降は状況を見て、効率的な方法を考えたいと思います。
いずれにしても、B1については圃場実験施設で調整した後喜多酒造で、B2は安居さん(開出今圃場の残りの田も刈り取っていただける農家の方です)にお願いして、あとはおいしいお米とお酒になるのを待つばかりです。
 皆さんご苦労様でした。


2012年09月27日   小池恒男


posted by 管理人 at 01:24| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]