2019年05月27日

通信《01》渡辺重機との話合・圃場の草刈り

 2019年05月27日(月)、12:50−15:05、薄曇り、気温30℃
 この通信何号まで続くかな。マコモ田、クワイ田(合わせて30a)の復田、06月の大豆の定植までは責任ありということですので。それに引き続き須戸先生の40aがありますのでね、まだまだ圃場に通うことになるのでは、ということになりそうです。それに体調も回復しましたので、引き続き草刈りで貢献できたら、と考えています。
 本日は近江八幡の渡辺重機さんと、圃場整備に向けての重機での作業の打ち合わせがあって、13時集合で圃場に向かいました。2月、3月に開出今の皆さんにきれいに整備していただいた圃場も、その後、またまたがまやカヤの芽が噴き出して、草丈が伸びていました。しかし溝切りやら、排水溝を整備していただきましたので、またここにきて雨も少ないこともあって、田の中は相当に乾いていい状態になっていました。
 渡辺さんが言うには、せっかくだからこの段階でトラクターに入ってもらって荒ら鋤きしてもらった方がよいとのことです。そのあと渡辺さんが重機で整備して仕上げるという手順がベターだということです。問題はそのトラクター作業をだれに頼むかということですが、渡辺さんによれば1日作業でできるとのことです。また、トラクターであればこの程度の草丈の雑草は障害にはならないとのことです。私としては、今夕、辻清和さんに頼むしかないかな、と思っています。
 渡辺さんとの20分程度の話し合いの結果は、以上のようなストーリーでした。

□草刈り
 私はせっかく来たのだからと思い、圃場B3の草刈りを3時間ばかりやりました。私としましては、トラクター作業との関係もありますが、今後も可能な限り新しく生えた雑草の草刈りを進めたいと思います。問題は辻清和さんですね。後は渡辺さんの整備、開出今の皆さんの定植前の整地、そして定植ですね。何とか6月25日までに完了できるとよいのですが。

□学生の圃場(20a×2枚)の田植え
 機械植えは午前中から始めておられていたのでしょうね。12時50分頃に圃場に着きますとすでに圃場B1を植え終わろうとしているところでした。そして14時30分頃にはすでに圃場A1も植え終えていました。13時30分頃には大勢の学生が現れて、圃場A1の東端の5a程度でしょうか、総勢25人で手植えをされていました。今年は、学生の圃場もしっかりがんばるようですね。

2019年05月27日(月)  小池記
posted by 管理人 at 20:12| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]