2018年09月24日

通信《37》畦畔草刈り

 実は昨日も草刈りに出かけるつもりをしていたのです。そして朝からの会議を終えて、昼ご飯を食べて、夕作業を楽しみにしていたのです。ところが14時過ぎ、エンジンかけて走りはじめてびっくり!車がガタガタするのです。そうなんです、パンクなのです。しょうがなく諦めて、とりあえずは明日に備えて一刻も早くタイヤの交換をと思い手を打ちました。そういうことで昨日のうちになんとかタイヤを履き替えて、今日はおかげさまで田んぼに向かうことができました。それにしても9月6日にもテールパイプの損傷で整備のご厄介になり、車のトラブルが続いています。
 天気は早くも下り坂ということで、今晩の中秋の名月も見えるか見えないかとのことです。まっ、しかし降っても雨量は大したことないとのことです。しかしそれにしてもこのような天候ではなかなか田んぼは乾きませんね。皆さんも苦労されていますが、さすがにこの1週間に稲刈りはかなり進みました。まだ残ってはいますが、終盤に差しかかっていると思います。

2018年09月24日(月)、06:−09:50、晴れから曇り、気温18℃、19℃→23℃、日の出はジャスト6時でした。そして中秋の名月!
□畦畔草刈り
 今日は北側畦畔の片側で終わっていた圃場A2を1時間40分ほどかけて完成させました。つづいて圃場Aの西側畦畔を一気に仕上げました。気温はすでに完全に秋モードなのですが、作業すれば汗びっしょりです。

○われらが田んぼの稲もだいぶ実ってきたようです。刈り取り作業は例年通り10月上旬から中旬にかけてという心づもりでいますが、最終的には作業を依頼する辻清和さんと相談して決めなければなりませんね。田の中の乾き具合が心配ですね。今日の様子では田の中はジュクジュク状態です!

2018年09月24日(月)    小池記
posted by 管理人 at 15:25| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]