2018年09月18日

通信《36》水口の閉鎖・畦畔草刈り

 本日は10時よりNPO法人「地域に根ざした食・農の再生フォーラム」の総会があったため、“夕作業”に切り替えました。一刻も早く水口閉鎖を完成する必要がありましたからね。本日は予報では暑い暑いということでしたが、全然そんなことはありませんでした。やはり確実に秋がやってきているのですね。でもやはり作業は汗びっしょりでした。
2018年08月17日(月)敬老の日! 15:45−18:35、曇り、気温24℃、23℃→22℃
□水口の閉鎖
 やり残しの圃場A4の2カ所の水口を土盛りして閉鎖しました。それでもやはり周辺の草刈り、清掃で1時間はかかりました。そこで突然にわか雨が降り始めました(16時40分)。20分間くらい降ったと思います。普通だったらここであきらめるところですが、1時間かけてやってきて、1時間作業で引き返すなんてやはり許せないとがんばって続けていましたら、間もなく止みました。ラッキーでした。雷鳴ったら一目散で逃げて、直ちに中止というところですが、幸い雷はなかったのです。

□畦畔の草刈り
 道路端の草刈りをした後、圃場A2の北側畦畔の草刈りに着手しましたが、こちらはもちろん未完成でした。すでに夕闇が迫っていました。日もまためっきり短くなっているのです。

〇“夕作業”もいいものですね。身体は楽でした。しかし夜道を走って帰らなければならないのが難点です。家に着いたら19時50分ですからね。昼間の景観と変わってしまうため、道を間違えたりする危険もあります! まあ、今日は無事に帰宅できました。
  落水、水口の閉鎖の完成でこれで万全の態勢をとったことになりますが、問題は天候ですよね。何分不順な天候続きですからね。皆さんも晩生の品種の稲刈りが出来ずに焦っています。しかし多分、明日、明後日で一気に進むと思います。その後またぐずつくようですが…。

2018年09月17日(月)    小池記
posted by 管理人 at 08:55| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]