2018年09月11日

通信《34》一斉落水

 今日11日(火)は平日ながら、一斉落水の日と決めておりました。開出今集落はすでに08月20日(月)に揚水を停止しています。われらの作期は1カ月遅れということですが、田の条件(より水はけが悪いとか)、天候の条件等を勘案して落水の時期を20日遅れとしているわけです。この後さらに天候不順で雲の多い日が続きそうです。それゆえに、本日どうしても一斉落水に踏み切りたかったわけです。それなのに、ああそれなのに、今日に限って寝坊をしてしまったのです!というか、目覚ましのかけ間違いで、目が覚めた時はすでに6時半だったのです。ホントならそこでくじけるところですが、今日という日を逃すと大変なことになる(以前のように刈り取り適期にコンバインが入らない、稲刈りできないということにもなりかねません)、ということで、断固として一斉落水を実施するということでマンションを飛び出しました(準備は昨晩のうちに万端整えてありましたからね)。ということで田んぼでの作業開始は8時になってしまいましたが、なんとか一斉落水を実行いたしました。

2018年09月11日(火)、08:00−12:15、曇り、うろこ雲広がる、20℃、21℃、22℃→25℃
□一斉落水
 一斉落水は作業としてはただ角落しの桟をすべて取り外すということだけなのですが(平均的には角落しには1カ所に5枚程度の桟がはめ込まれています)、その作業をするためには角落し周辺の草刈り、清掃を念入りにしておかなければなりません。時間的にはむしろそちらの作業が主なのです。まず圃場Aの5カ所の角落しの清掃を1時間40分ほどかけて仕上げ、つぎに圃場Bの5カ所の清掃を仕上げました(こちらは1時間ほどで済みました)。
  一斉落水はこれで終わりではないのですね。最後に揚水の入り口を閉じなければなりません。そうでないと降雨時に用水路に流れ込んだ雨水が田の中に流れ込むということになりますから、用水の入り口を土盛りしてしっかり閉じておく必要があるのです。そのためにはやはり入口周辺の草刈り、清掃をしておかなければなりません。残念ながら本日のところは圃場Aに7カ所ある用水取り入れ口の閉鎖の作業には着手できませんでした。圃場A1とA2の間にある2カ所の用水取り入れ口周辺の草刈りに手間取ってしまい、その2カ所を仕上げたところで本日の作業を終了としました。
  もちろん、圃場A1とA2の間に設置された自噴水も止めました。
 まっ、ここまでやっておけば基本的には落水の効果は大きいはずです。しかしもちろんいずれは完成しておかなければなりません。

〇稲刈り作業の進捗状況は、地域全体では峠を越したといったところでしょうか。しかし天候不順によりまだまだかなり残っています。いずれにしても、大豆が植わっている面積が大きく、簡単に状況をとらえることはむずかしいです。

〇大豆の手入れ
  一応の手入れはすでに5日に済ませたのですが、さらに手を加える必要がありそうです。やはり台風21号の被害が大きかったということでしょうね。

2018年09月11日(火)    小池記
posted by 管理人 at 17:29| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]