2018年08月19日

通信《30》畦畔草刈り

 今日は張り切って家を出たのですが、がっかりでした。早朝、素晴らしい天候でもあり、いざっ、刈でもり始めた途端に、「こりゃだめだ」となってしまったのです。というのも明らかに刈り払い機の切れがまったく悪いのです。まったく極端に切れなくなっているのです。即座に諦めました。切れなくなった刈り払い機はまったく即座に使い物にならないのです。家に帰って刈り刃を交換するほかはないのです。8月初めのころから少しづつ切れ味は悪くはなっていたのですが、信州で池の周りを刈りましたからね、かなり石にぶつけていましたからね、それで一気に切れなくなってしまったのだと思います。10日ぶりの田んぼだったのですが…。まったく秋を思わせる日和で、湿度が低く、気温は16℃、17℃、18℃ですからね、絶好の草刈り日と張り切ったのですが、まあこれはどうしようもないことですね。何しに来たんだ、という気にもなりますが、「田んぼに“ご来光”を拝みに来たんだ」と思うほかはありません。

2018年08月18日(土)、05:05−06:05、晴れ、薄雲広がる、気温16℃、17℃、17℃、18℃、07時帰宅時の草津で22℃、04時過ぎはまだ真っ暗闇、日の出は05時40分
□草刈り、大豆の支柱立て
「草刈りした」というほどのこともないのですが、一応、圃場B4の周辺を少し。大豆、10株ほど倒れ掛かったような株に支柱を立ててやりました。

〇用水管理
 開出今集落の揚水の状況は、本日より揚水開始ということで(22日までが最後の揚水期ということになります)、そして23日に用水停止となります。そういうことでわれらが田んぼも基本的には中干し状態でした。

〇帰宅後ただちに刈り刃を交換しました。これでまた切れ味の良い草刈りが楽しめます!  常に新しい刈り刃は買い置きしてありますからね。このままでは気が済みませんから、明日また田に出かけますか? でも明日は湿度が高まり、昨日今日のような天候というわけにはいかないでしょうね。まっ、いずれにしても“このまま秋”というわけにはいきませんからね。

〇どなたかが草刈り!?
 蔵の前団地側は須戸先生? 集落の道路沿いは開出今の営農組合? いずれにしましてもご苦労様でした。昨日今日の作業ではないことと思いますので、暑いさなかの作業だったと思います。ありがとうございました。

2018年08月18日(水)    小池記
posted by 管理人 at 07:08| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]