2018年07月31日

通信《25》大豆の手入れ・畦畔草刈り

 今日は昨日の振り替えで、台風の影響査察(!)ということで田んぼに駆け付けました。空模様としてはなお怪しげな雲が残ってはいましたが、青空ものぞき始めて、一応、台風一過という感じではありました。彦根に近づくと晴れという感じで、山入端に雲、やや強い風吹くといったところでした。雲の流れは忙し気に東から西へと流れていました。しかし仕事を始めると、直ちに暑い!という感じでした。5時起き、農作業はまあいいとこ2時間程度かなと思っていたのですが、結局、3時間近く働いてしまいました。農作業というのは要するに「キリがない」のです。

2018年07月30日(月)、06:10−09:25、晴れ、やや風強し、気温は出発時23℃ながらたちまち28℃、30℃へと上昇でした。
□大豆の手入れ
 圃場B2の西側畦畔の草刈り、大豆の根元の雑草除去、畦畔ぎわもきれいにしました。今日はほとんどそれだけでした。大豆は順調に成長を続けています。むしろ圃場B2の稲の生育は水不足で生育はまったく悪いです。この田の今年の収量はすごく悪いと思います。

〇周辺の田ではすでに出穂期を迎えています。自然災害のラッシュにもかかわらず、植物は強いです、稲は強いです。台風の影響はほとんどないみたいです。大豆もまだ背が低いこともあって、今回は昨年のような倒伏はありませんでした。心配なのはむしろこれからの台風の影響ですね。台風12号、やや西に振れましたからね。三重から奈良へと進み、京都、滋賀は助かりましたからね。

2018年07月30日(月)    小池記
posted by 管理人 at 00:03| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]