2018年05月18日

通信《11》わら焼き・畦畔草刈り・角落しへの桟の差し込み

 彦根に向かう途中の麦が少しづつ色づいてきました。まもなく麦秋の季節ですね。雨が降る前に、何とか少しでも堆積した稲わらを燃やしたいと思い、早朝より田んぼに向かいました。

2018年05月17日(木)、08:00−11:05、曇り、蒸し暑かったですが気温は21℃、湖南は26℃ということで今日も南北間の気温差が大きかったです。
□稲わら燃やし
 圃場A3の東南の隅に堆積した稲わらに灯油をまいて燃やしました。しかし燃えているのは表面ばかりで、芯までは届きません。辻さんにも言われてしまいました。「今年はこの部分は田植えは無理だ」と。それも無理ないかなあと思っています。

□角落しへの桟の差し込み
 水張りに備えて、圃場Bの5カ所の角落しに桟を差し込みました。平均的には5〜6枚の桟を差し込みました。圃場Aの5カ所については、田越し灌漑という事情を考慮して、今日のところは土の高さまでということで、2〜3枚の桟の差し込みにとどめておきました。

□畦畔・道路わきの草刈り
 今日は圃場A3の東側畦畔とその道路わきに草刈りは完成、A4は四分の三の仕上がりといったところでした。あと1日で完成ですね。

○辻さんが珍しく話しかけてきて、20日から水張り開始と言っていたが、水張りを早めた方がよいとのアドバイスでした。水利係の堀居さんに連絡して用水を回してもらうようにとのことでした。
 それで早速帰宅後に堀居さんに用水を回していただくようお願いの電話を入れました。ということで、水張りは17日の夕方から始まりました。
同時に、今年の田植えは26日(土)、27日(日)、そして予備日として28日(月)ということで確認しました。皆さんよろしくお願いします。まあ、天候にも左右されますがね…。

2018年05月17日(木)  小池記
posted by 管理人 at 21:05| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]