2018年04月30日

通信《08》畦畔草刈り・稲わら燃やし・角落し桟の補給

 3日連続というのは新記録でもなんでもないと思います。4日連続というのは記憶にないですね。ということで今日は3日目の圃場通いです。今日は初めは薄曇りながら晴れ、次第に雲が広がり、やがて本曇りという天気の移り変わりでしたが、でもこのまま崩れるのではなく、明日いったん晴れて、2日、3日と雨降りということのようですね。

2018年04月30日(月)、薄曇りから本曇りへ、微風、気温21℃
□畦畔草刈り
 まず圃場A4の残りを仕上げ、さて圃場B4へと思ったところ、な、な、なんと、圃場B4、B2の西側畦畔も、圃場B4の東側畦畔もすでに刈り上がっているではないですか! 畦畔の頭のところに少しずつ刈り残しがあるということは、これは須戸先生の仕事だなと思いました。ということは、昨日はまだ残っていたわけだから、昨日私が引き揚げた後の仕事ということになりますよね。ありがとうございます、お疲れさまでした。
先日も記しましたように、須戸先生はすでに中央の農道、そして圃場A1の南側畦畔、圃場A2の北側、圃場A2とA3の間の畦畔も、そして圃場A1の北側、圃場B1の北側も刈り上げていただいています。したがってあとは圃場A3と圃場A4の間の畦畔、そして圃場Aの集落側の畦畔並びに道路沿いのみということになりました。一気に進めたいところですが、明日は神戸に出張、2日、3日は雨の予報ですからね…。

□稲わら燃やし
 昨日から続いていますが、今日は一応、圃場B2の南側から東側へと、四角形の4辺うちの2辺 
 の稲わら(畦畔に吹き寄せられ堆積した切り刻まれた稲わら)や枯草を燃やし切りました。見た目には素晴らしい仕上がりですが、部分的には堆積量が多いところの芯の部分までは燃やし切ることができていません。春起こしまでに間に合えば、さらに繰り返し火をつけたいと思います。混合油を撒いても、どうしても表面だけになってしまうんですね。
  しかし、やってみて思うのですが、これならばマコモ田、クワイ田もうまく燃やせるかもしれませんね。今日のような弱い西北の風が吹いている日は最適ですね。風向きにもよりますが、少し風があった方がむしろ上手に燃えていきますね。

□角落しの桟の補給
 春起こしを終え、代かきの段階になりますといよいよ田に水を張ることになりますから、その時に備えて角落しの桟を補給しておかなければなりません。どうしても1年の間に流されてしまうのでしょうね。ということで本日は、圃場A3とB4のそれぞれ1カ所づつ新しい板を角落しの寸法に合わせてノコギリで切り落として何枚かを補給しました。

○まあ、3日間の作業で、須戸先生のサポートもあってかなり準備が整ってきました。ただ気になるのは、依然として辻清和さんの魚粉撒布ができていないのですね。これができないと、つづく春起こし、代かき作業もできないわけですから、現在のところはひたすら魚粉の撒布待ちということになってしまいます。

○農事組合ファーム開出今の田植えも今日で3日目となりました。まだ1日2日はかかりますかね
エ。しかし全体的には、田植えはわずか、代かきもわずか、依然として黒々とした田が多いです。

2018年04月30日(月)  小池記
posted by 管理人 at 21:17| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]