2018年04月22日

通信《05》豆がら焼き・畦畔草刈り

 今日は豆がら焼きとか畦畔草刈りとか、辻哲さんに春起こし・代掻き作業のお願い、下稲葉の辻清和さんに魚粉撒布の資料の手渡し等々、いろんな課題をもって圃場に駆け付けました。気温の予想は30℃を超えるのではとか、7月中旬の気温とかいろいろありましたが、多分穏やかな天候だろうなと思って圃場に参りました。

2018年04月22日(日)、10:25−12:25、晴れ、気温25℃、風はほとんどなく穏やかな天候
□豆がら焼き
 テラスにほったらかしになっていた米袋15袋分の豆がらを、圃場B2の南側畦畔の畦畔ぎわで焼きました。ほとんど無風状態でしたので、安心して焼くことができました。よく乾燥していたこともあって、ごくごくスムーズに焼くことができました。

□畦畔の草刈り
 なんとなく仕事始めの気分でまずは畦畔の草刈りということで、圃場A1の西側畦畔の草刈りを仕上げました。そして圃場A2の西側畦畔に進み、こちらは二分の一ぐらいの仕上がりです。すでに相当な草丈なのですが、春先ということもあって、鍬は柔らかく、順調に草刈りができました。

〇その後、春起こし・代かき作業のお願いに開出今の辻哲さんのお宅に伺おうと出かけたのですが、ここ数年伺ったことがなかったので道に迷ってしまいました。あっさりあきらめて、つぎに下稲葉の辻清和さんの作業所に向かいました。こちらは魚粉撒布のお願いです。丁度昼休みの時間帯でしたので、辻さんにお会いすることができました。いつもながら突然のお願いでホントに恐縮の至りですが、おかげさまで快く魚粉撒布を引き受けていただきました。しかし、辻さん腰を痛めているということで、この時期の腰痛はつらいですね。
 
○早くも連休が迫ってきていますね。時間をみつけて、畦畔の草刈りに精を出したいと思っています。

○周辺の田んぼの様子ですが、ぼちぼち水が入りはじめたというところでしょうか。まだ代かきには至っていません。辻清和さんはすでに田植えを始めたといっておりました。

2018年04月22日(日)  小池記
posted by 管理人 at 23:04| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]