2017年12月25日

通信《43》青大豆の収穫

 本当に何日ぶりの圃場でしょう! 過去の通信をまくってみると、前回は10月09日に「畦畔草刈り、クサネムの抜き取り作業」ということでした(通信《40》)。そしてこれが刈り取り前最後の作業になるでしょうと記してあります。まあ、73日ぶりということになってしまうのですね! 途中、11月25日から12月10日までの16日間のフランス出張はありましたが、それにしてもまさに「かくも長き不在」といったところですね。今どうしてもやらなければならないことは、青大豆の収穫です。昨年のように年を越すことだけは避けたいと、今日はようやく圃場にやってきたというわけです。それに日曜日は雨という予報ですし、今日と明日と気張って今年最後の農作業に励みましょうと思い立ったわけです。

2017年12月22日(金)、12:05−14:25、快晴、無風、6℃―10℃
□青大豆の収穫
 結局今年は100株近く植えたつもりだったのですが、実ったのは80株くらいでしょうかね。収穫しての感じでは、昨年に比べると1株、1株が小ぶりだなということです。ですから収量は昨年より少ないかもしれません。やはり8月7日の台風5号の影響が大きかったと思います。全部倒れてしまいましたからね。加えて、ただちに支柱建てて起こしてやればよかったのですが、手当てが遅れてしまいましたからね。それに、そもそも白大豆に比べて青大豆は収量性が低いのかもしれません。まっ、仕上げてみないとわかりませんがね。
  作業としては、ヒモを切って、支柱を引き抜いて、根を切り捨て、若干、枝を切りはずして袋詰めするという手順です。大豆作りも3年目ですから、収穫作業も慣れたもので、2時間ほどですべての収穫を終えることができました。全部で11袋でした。これを家に持ち帰り、しばらくテラスで乾燥させて、その後に莢剥きすれば収穫作業は完成です。莢剥きが大変ですよね。まっ、夜なべ仕事ですね。
  昨年は、11月13日、17日、12月24日、そして年を越して01月11日と4日かけて収穫したのですが、今年は軽く2時間余りで収穫作業完了でした。その後、家に持ち帰り、袋詰めの状態でテラスに置っくことにしました。数日おいて莢剥きを開始しようと思います。

〇今日は冬至だったのですね。これからは少しづつ日が長くなっていくのですね。でも寒さはこれからですよね。それにしても今日はほんとによいお日和でした。気持ちよかったです。

2017年12月22日(金)   小池記
posted by 管理人 at 16:35| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]