2017年12月25日

通信《41》刈り取り作業並びに収量

 10月11日(水)、15時17分に田中良典さんから以下のメールが飛び込みました。
 本日10時頃から収穫が始まり、先ほど無事完了しました。ぬかるみが少なく、刈り残しはゼロでした。収穫量は昨年よりもかなり少なそうです。
 
 これに対する私のお礼のメールは以下の通りです。
 感激です! 8日も、9日もクサネム退治したのですが、圃場A3はまだまだという完成度でした。低収量はやむをえません。無肥料ですかね、覚悟の上です! 立ち会っていただいたのですね。いつも本当にありがとうございます。稲刈り前にもう2日ほどクサネム退治に入りたかったです。取り急ぎお礼まで。 10月11日、16時24分

 21日(土)、22日(日)の台風21号をはじめとする、その後の天候不順を思うと、辻清和さんには、本当に絶妙な日程で稲刈りしていただいたと、感謝に堪えません。本当にありがとうございました。

 その後、年10月20日(金)に田中さんより以下のような収量報告がありました。
籾すりが終了して、収穫量及び検査結果が確定しました。
・ヒノヒカリ・・・200袋(6,000kg) オール1等
  収穫面積を175aとすると、10aあたり収量は342 .9kg(5.71俵)となり、まずまずの収量と品質でした。
・コシヒカリ・・・11袋(330kg) オール1等
・28年産の籾貯蔵のヒノヒカリ・・・23袋(690kg) オール1等

 先に田中さんは収量は昨年よりかなり少なそうとのことでしたが、昨年のデータは以下の通りです。
  総収量は7 146kgでしたので、
  7146kg÷175a≒408kg÷60kg≒6.81俵/10a
 ですからまあ、今年の収穫量は対昨年対比1俵落ちということですね。
 去年はあんなに苦労したのに、ほとんど絶望的な思いをしたのに、それがほとんど7俵取りだったんですね! わからないもんですね。

○なお、米・食味分析鑑定国際コンクール(本年は玉形県真室川町で、11月25日、26日開催)に向けて、われらが圃場からは、10月25日(水)に3検体(ヒノヒカリ2検体、コシヒカリ1検体)を発送しました。今年は第19回ですが、私はフランス出張のため、コンクールには初めての欠席となります。収量が低かったですから、多分食味値は80を超えると思います。お楽しみですね。

2017年10月28日(土)   小池記
posted by 管理人 at 16:29| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]