2017年12月25日

通信《39》畦畔の草刈り・クサネムの抜き取り

 今日も何とか刈り取りの前に畦畔草刈り、クサネムの引き抜きを進めようと圃場に駆け付けました。今日は気温を見る限り涼しくてもよいはずだったのですが、久しぶりに全身びっしょりになりました。日もさらに短くなり、日没は17時15分、17時50分にはもう手元が見えなくなるといった感じです。

2017年10月08日(日)、14:25−18:05、晴れ、気温25℃→22℃
□畦畔草刈り
 残る圃場A4の東側畦畔でしたが、わずかにやり残してしまいました。残るはもうちょっとというところでした。

□クサネムの抜き取り
 今日は主として圃場A3のもっとも繁茂のひどいところを対象にしました。少なくともあと圃場A3の2か所は何とかしなくてはと思っています。

○今日は田んぼに来る前に、彦根の下稲葉の辻清和さん(刈り取り作業をお願いしている大規模農 
 家)のところにより、検査に必要なスタンプを届けました。その後田んぼに向かったわけです。

○今後の刈り取り作業を実施するうえでの最大の問題は天候条件ですが、13日(金)、15日(日)あたりが降雨確率50%なんですよね。むずかしいところですね。

○ちょっと気になることが一つ。それは田んぼの状態です。一日中降った6日(金)、7日(土)の朝まで残った雨の影響です。やはり、しっかり降りましたからね、田の中は湛水状態になっていてびっくりです。もちろん田面に亀裂は入っているのですが、その上に湛水ですね。これも心配の種ですね。

2017年10月08日(日)   小池記
posted by 管理人 at 16:25| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]