2017年07月31日

通信《27》用水管理・畦畔雑草除去

 先週の日曜日は、本職の仕事に追われ田んぼに来れなかったので、今日は2週間ぶりということで、2週間空けるとやっぱり田んぼはどうなっているのかの心配が先に立ちます。草ぼうぼうになっていないか、田んぼが干上がってひび割れていないかとか心配ばかりですね。しかしそれが、この2つの心配事に関しては田んぼに着くと喜びに変わりました。畦畔の草刈りは大方仕上がっている、田には用水がたっぷりと、まるで夢のようなことでした。草刈りは田中さんが多分1週間ほど前にやってくれたのでしょうね、ありがとうございます。用水は開出今の「揚水計画表」によれば、25日―27日が中干しで、28日に揚水開始となっていますから、多分、われらが田んぼも1度干上がった後に用水が流れ込んでいるということなのでしょうね。田の中の様子を見ると、ひび割れの上にたっぷり用水という感じでした。つぎは08月01日から03日までが中干し、04日から07日が揚水、08日から10日までが中干し、11日から15日が揚水、16日から18日までが中干し、19日から23日までが揚水、そして24日に揚水停止となっています。われらが田んぼはどうなるのでしょうね。集落に合わせておくしかしょうがないですね!
 
2017年07月30日(日)、15:55−19:35、ずっと曇り空、気温は29℃、帰るころは27℃、カンカン照りでないだけましということでしょうが、やはり汗びっしょりでした。
□畦畔ぎわの雑草除去
 今日はやり残しになっていた圃場A1の北西の隅の雑草退治でした。主としてオモダカ、それにキシュウスズメノヒエですね。田の中に相当入り込んで作業しましたので手間取りました。一応完成ということにしておきましたが、やればきりのない事なのです。

□圃場B3、B4の畦畔の草刈り、それに大豆とお花畑の手入れ
 時間が限られていましたので、ついやっつけ仕事になってしまいました。とりあえず最悪の状態は改善しておきましょう、といった仕事になってしまいました、一時しのぎの手入れしかできませんでしたので、また後日きちんと根元の雑草を取り除いてやらなければなりません。 

○それにしても驚きました。もう、行きがけの守山、中主、近江八幡、彦根の田んぼはすでに出穂が始まっているのです。驚きですねえ、早いですねえ。中にはすでに首をかしげ始めている田も多く見られました。もちろんわれらが田んぼの稲は、その気配はまったく見せておりません。つんつんしています! まあ、われらが田んぼの出穂は、08月下旬ですね。やっぱりひと月遅れなのですね。

○近江八幡あたりでにわか雨がありましたが、大したことはありませんでした。ということで、やっぱり彦根には雨は降らないのですね!

2017年07月30日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:16| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]