2017年07月18日

通信《26》用水管理、畦畔草刈り・雑草の除去、大豆の手入れ

 16日(日)か17日(月)、佐川さん(お米の発送)の都合と、夕立ちの時間帯との間で振り回されましたが、16日は佐川さんにも振られ、夕立ちにも見舞われ、結局、17日の昼に佐川さんに来てもらい、その後、田んぼに向かうことができました(出る直前に弱い夕立あり)。湖北地方には大雨注意報、湖南には竜巻警報と物騒な予報が出ていましたが、結局何事もなく、雨にも降られず、無事夕方作業ができました。4時ごろは気温は30℃を越えていましたが、田んぼには例の不思議な風が吹いていて、なんだかやっぱり別天国みたいなんですね。もちろん暑いし、汗びっしょりかくのですが、それほど気にはならないというやはり田んぼ天国♂スですかねえ。

2017年07月17日(月)海の日、15:45−19:25、曇り気温30℃から27℃
□用水管理
 07月16日から、集落全体が全開用水に切り替わりましたので、われらが田んぼにも用水が豊富に届けられており、上の田(圃場A)も下の田(圃場B)も、ひび割れの上に満タンの水という状態になっていました。まあ一安心ではあるのですが…。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 今日は圃場A1の西側畦畔を仕上げました。須戸先生に草刈りしていただいてあったので軽く仕上がるはずだったのですが、ウキシバのひどい繁茂、それに畦畔から3メートルぐらいまでのオモダカ退治をやりましたので、2時間ぐらいかかってしまいました。しかも北西のスミを少し残しています。早めにやっておけば小1時間で仕上がるところでしょうね。

□大豆の手入れ
 そろそろ手入れしてあげないと雑草に負けてしまうかなと心配して見に行ったのですが、たしかに雑草は繁茂していましたが、大豆も成長していてすっかり大人らしくなっていて、少なくとも雑草に負けているという感じではありませんでした。今日は圃場B2の58株のところだけしか手入れできなかったのですが、残りの部分も急いで手入れしてあげないといけませんね。しかし今週は3日間研究会の開催ですから、なかなか田んぼに来れないんですよね。やはり次回は日曜日になってしまうかな? なかなか思うようにはいきませんね。

○周辺の田の大豆も緑に育ち、美しく見えます。
 今ゴミ出しに行ったら、また雷なって、雨降ってますよ。明日も不安定な空模様のようですね。夕方作業もいいですが、帰宅が8時半というのはちょっと辛いですね。でもやはり早朝作業よりは悲壮感がないだけ気楽でいいですね。

2017年07月17日(月)   小池記
posted by 管理人 at 09:15| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]