2016年12月02日

通信《42》畦畔ぎわの清掃、2017年産に向けての畦畔ぎわの雑草対策についての打ち合わせ

 仕事が立て込んでいまして、すっかりメモの作成が遅れてしまいました。本日の通信はさかのぼって11月21日(日)の報告です。

2016年11月21日(日)、09:25−12:30、曇り
□畦畔ぎわ清掃
 本日は圃場A4の南側畦畔の清掃に取り掛かりました。3時間余りかかりましたがここはなんとか完成させました。引き続き圃場A4の東側畦畔の清掃に取り組む必要があります。 

〇その後、県立大学の交流センターにおいて、1時間15分ほど2016年産に向けての対策について田中良典さんと打ち合わせしました。検討事項はもちろん第一に、畦畔ぎわの雑草(中心はキシュウスズメノエヒ、アシカキの2種類です)対策です。その他、秋起こし・春起こし作業、魚粉撒布作業、田の轍に溜まっている排水の措置等々についても検討しました。とくに雑草対策については、もってきていただいたたくさんの資料に基づいて時間をかけて意見交換しました。その内容につきましては、次回くわしくお伝えしたいと思います。
 11月28日、29日、30日と研究会が続き、また今日からは熊本に向かうということで、バタバタしております。熊本には例年の第18回国際米・食味鑑定分析コンクールに出席するために4泊5日の出張になります。またその結果につきましても後日報告させていただきます。熊本に向かう前になんとか通信をと思い、11月21日の取り組みについて取り急ぎメモしてみました。よろしくお願いします。



2016年12月02日   小池記


posted by 管理人 at 13:56| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]