2016年11月17日

通信《41》畦畔ぎわ清掃・わら処分他

 今日はただ圃場A3の南側の畦畔の清掃だけは何とかときわめ込んで、目的は明確だったのですが、結果的にはその他にわらの処理、排水措置、大豆の収穫等々いろんな作業に手を出してしまいました。まあしかし、せいぜい3時間程度で12時30分までには引き上げようと考えていたのですが…。

2016年11月17日(木)、09:30−13:30、晴れ、薄雲広がる、のち後曇り
□畦畔ぎわ清掃
 めざしていたのは圃場A3の南側畦畔ですが、時間延長でここだけは何とか仕上げました。つぎは、同じく圃場A3の東側(ここがかなりひどい状況なんです)に進みたいと思います。

□わらの処理
 これは予定外だったのっですが、学生が手刈りした分のわらが圃場A1、A3、圃場B4あたりに散在しているのですが、これが秋起こし・春起こしの邪魔になるのです。それで辻さんに、これを除去しないとトラクターに巻き付いて作業ができないと言われて、とりあえず圃場の外にかき出して、燃やしてしまおうと思ったのですが。しかし溝で水に浸かっていたわらもあるわけで、そう簡単には燃えませんでした。まあ、天気が続いたところでまた焼いてみたいと思います。今日のところは圃場A3の西南角のわらの処理を試みてみました。

□圃場に溜まっている水の排出
 蛇行している轍(わだち)に大量の雨水が溜まっていて、われらが圃場はまるで水郷地帯の観ありなのですが、これでは秋作業も春作業もできたものではないわけですから、何とか水を抜かなければならないのです。それで今日は、轍と轍の間に筋を付けるという初歩的な手法で排水にチャレンジしてみました。効果は、音を立てて水尻りから雨水が流れ出ましたからもちろんあったと言えるのですが、まあなかなか完全には抜けないのです。粘り強く取り組んでいきます。

□白大豆の収穫
 これからはきたたびに4株ほどずつ枝をはずして紙袋に入れて持ち帰ろうと思っています。これも粘り強く続けるほかはありませんね。収穫作業は簡単なのですが、家での莢剥きがこれまた手間な仕事なんです。

〇そうそう、前回の通信で書き忘れたのですが、辻清和さんから、今年の私たちの圃場のお米の品質の良さについてお褒めの言葉をいただきました。全量1等だったことはすでにメモしたとおりですが、検査した農協の人が、あまりに立派で続く検査で同じ1等を出しにくくなったと述懐されていたそうです。田中さんの解説によりますと、それは遅くまで水に浸かっていたせいで(それが収穫作業の致命傷になったわけですが…)、登熟が十分に進んだせいではないかとのことでした。つまり、いあわゆる「怪我の功名」というやつですね!

〇そうそう、今日は1時間ほど中江さんと「あぜみち情報交換」しました。

2016年11月17日   小池記
posted by 管理人 at 21:50| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]