2016年10月21日

通信≪37≫刈り取り作業の進捗状況【2】

 2日間にわたった刈り取り作業の進捗状況について中江さんが詳しく正確にメモしていただきましたので、それを以下に掲載させていただきます。

●10月19日(水)稲刈り
1)人員及び重機
作業人員:辻 清和代表、オペレーター(辻農産)
重機:コンバイン(5条刈)、6tトラクター(緊急時牽引)、2tトラック(モミ運搬)×2台
2)作業時間
8:30〜9:00  重機搬入(コンバイン、6tトラクター)
9:00〜9:30  圃場踏査、
9:40〜11:20  圃場A−4 刈取り
11:30〜12:10  圃場A−3 刈取り
(昼食)
13:00〜13:40  圃場A−2 刈取り
13:50〜14:30 圃場A− 1 刈取り
14:50〜16:30 圃場B−4 刈取り
16:30 解散
*辻 哲さんによると『田面の上層は水を含んで、トロトロ状で柔らかく軽い、下層(耕盤)は堅いので、コンバインは思うほど沈まない』というと辻農産のオペレータさんも納得顔であった。しかし私から見ると、オペレーターさんのコンバインの操作は、芸術ともいえる見事さに思えた。しかしB−3、B−2は「水が深い」ので、1反以上は刈残しが出そうだ。A-4、A-3にも若干の刈残りが生じた。

●10月20(木)稲刈り
1)人員及び重機
  昨日同様
2)作業時間
9:30 集合
9:40〜10:30 圃場B−3 刈取り
10:40〜11:20  圃場B−2 刈取り
午後、機械撤収
*B−3、B-2共刈残しは思っていたより少なく、田中良典さんの見立てでは、刈残しは全体で0.2反ぐらいではないかとのことであった。

◎その後刈り残しについて田中吉典さんから以下のような情報が寄せられました。
圃場A3     70u
   A1、A2で 30u
 圃場B全体で   65u  
 合 計     165u
 aアールに換算すると1.65a
 刈り残し面積割合 1.65a÷190a  =0.898% 
          0.0165ha÷1.90ha=0.868%
 つまり1%未満ということです。信じられないですね!

2016年10月21日朝   小池記
posted by 管理人 at 10:15| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]