2019年06月10日

通信《04》畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去

 本日は畦畔草刈りとか何とかというよりは何よりも、この間の圃場B2、B3の復元再整備プロジェクトの実施状況の確認のために圃場に駆け付けたという次第です。

 2019年06月09日(日)11:05−12:45、曇り、気温21℃、麦刈りがぼちぼち進んでいます、農作業には最適の気象条件でした
□圃場B2(20a)、B3(10a)の復元再整備プロジェクトの実施状況
 作業の計画は通信《03》で記しましたように以下のようなものでした。
5月31日(金) 6月1日(土) 02日(日) 03日(月) 04日(火) 05日(水)
12−18(60%) 20%    20%    20%    20%   30%
              モア入る  ロータリー入る     重機入る
 これに対して実施状況は以下の通りでした。
06月03日(月)     04日(月)           05日(火)
モア入る(辻清和さん)ロータリー入る(辻清和さん)重機入る(渡辺)
 ということで、辻さんと渡辺さんの絶大なるご協力により、無事、圃場B2、B3の復元再整備プロジェクトを完了させることができました。あと、圃場B2、B3の西側畦畔に差し入れた波板の取り外し作業が残っていますが(約60m)、これはいずれ渡辺さんにお願いして近日中に取り外していただくことにしたいと考えています。
 本日出来上がりを確認させていただきましたが、まずまずといったところだと思います。「まずまず」ということは、大豆苗の定植までにはさらに細かな整備が必要でしょうし、さらに水はけを良くするための溝切が必要になりましょうし、それに、切り刻んだとはいえまだまだカヤやマコモ等々の雑草が必ず芽を噴き出してくると思うのですね、ですからこれらの雑草対策がまだまだ必要になると思います。ですがまあ、第一次アプローチとしましては「こんなところでしょう」という感じですね。辻清和さん、渡辺勇雄さんには、まだご自身の田植え作業のさなかにもかかわらず私どもの作業を割り込みさせていただき本当にありがとうございました。

□畦畔の草刈り・畦畔ぎわの雑草の除去
 本年の畦畔の草刈り・畦畔ぎわの雑草退治の対象はもっぱら圃場A1(20a)、B1(20a)のみと
いうことになりますが、本日の畦畔草刈りは圃場B1の西側畦畔のみでした。というのも他の畦畔
はすでにほぼきれいに刈り取られているということでした。
  畦畔ぎわの雑草退治はまだまだこれからというところですが、本日は圃場A1、B1の西側畦畔ぎわの雑草の除去に取り組みました。問題は同圃場の南側畦畔の畦畔ぎわの雑草退治ですね。畦畔ぎわの雑草退治のこの作業だけは手作業の他は考えられませんからね、根気仕事です。
 メモが1日ずれ込んで、1日遅れの通信になってしまいました、あしからず。10日は朝から雨(昼からはやみましたが)、明日も曇り・雨と、次第に梅雨に入っていきそうな気配ですね。その前に復元再生プロジェクトを完成させることができてとてもラッキーでした。皆さんのご協力のたまものですね。

2019年06月10日(月)    小池記
posted by 管理人 at 19:09| Comment(0) | 日誌