2019年03月02日

開出今環境教育研究圃場での生産継続断念についてのご案内

2016(平成28)年の秋、
気象条件の悪化(9月末の長雨)により、
収穫作業が不能となり収穫断念のつらい思いをさせていただきました。
その頃から生産継続についての懸念を抱くようになりましが、
そうはいってもそのときはまだまださほど思い詰めたものではなかったのです。

ご承知のように、私どもの稲作は
多くの人に支えられて成り立っていましたので、
その一部が欠けますと本当に行き詰まってしまうのです。
育苗の藤田さん
田起こし、代かきの辻哲さん
田植えの西澤さん
畦畔草刈りの田中さん
収穫作業の安居助廣さん、辻清和さん
水管理の集落の水利係さん
貯蔵の琵琶倉庫さん(これも大変重要な工程です。年間14℃で保存をつづけるということはとても大切なことです)
それにもちろん買い支えてくれてきた皆さん。

曲げて曲げてご協力いただいてきた生産サイドの6人のうち、
田植え作業の西澤さんからはお辞退の意向が3年前ごろから伝えられてきていました。
貯蔵の琵琶倉庫さんからは昨年秋突然営業打ち切りの連絡を受けました。
西澤さんはご高齢が理由
琵琶倉庫さんは経営の行き詰まりでしょうかね。
私どもの農法を集落の皆さんに引き継いでいただけたらとの思いをもちつづけてまいりましたが、
最終的に、今年の01月21日に開出今集落の皆さんとの話し合いの場をもち、
そこで“生産継続断念”の最終判断を下しました。
後は須戸 幹先生が40アールほどを継続しますので、
そちらのお手伝いを続けたいと思っています。

皆さんに惜しまれて、惜しまれて
本当にハッピーな幕引きで、
あまりマイナスの感傷はありません。
むしろ12年間、“やったぜ”という感じもします。
しかし私どもの農法を受け継いでいただくことができなかったこと、
買い支えつづけていただいた皆さんに
“博士たちのエコライス”をお届けできなることにつきましては、
やはり断腸の思いというほかはありません。

12年間を支え、支え続けていただいた
皆々さまに心から御礼申し上げます。

2019年03月02日  
開出今環境教育研究圃場プロジェクト代表  小池恒男
posted by 管理人 at 19:21| Comment(0) | 日誌