2017年09月25日

通信《37》刈り払い機修繕、路肩の草刈り・畦畔の草刈り

 先日(20日)、修繕のため持ち込んだ刈り払い機について(ダメな場合は買い替えも考えて持ち込んだのですが、部品交換で済むというお話でした)、翌日の21日に、JA東びわこ農機センターから、「中古の部品がありますが、新品の部品にしますか、中古の部品にしますか」の電話をいただき、中古ならばすぐにも修繕できますということでもあったので、「中古で結構です」の返事をしました。そうしましたら「明日にでも」ということでしたが、明日からは徳島大学で開催の学会に出席する予定が入っていましたので、「それでは24日(日)にとりに寄せてもらいます」ということになっていました。そういうわけで今日は、真っ先にJA東びわこの農機センターに修繕できた刈り払い機を受け取りに行きました。修繕箇所は、折れたハンドルの交換、エアクリーナーカバーの補充、エレメントの交換でした。中古で間に合わせたおかげでしめて2700円で済みました! コメリやコーナンではこうはいきませんよね。まず、部品交換、修繕という対応がありませんよね。さすが農協、と妙に感心いたしました。

2017年09月24日(日)、15:45−18:20、曇り、気温27℃→20℃、日没17:40、夕闇18:25
□道路路肩の草刈り・畦畔の草刈り
 今日は引き続き圃場Aの東側の路肩の草刈りと畦畔の草刈りに終始しました。しかし完成できたのは圃場A2の残りの部分のみでした。つづいて圃場A3の路肩と畦畔に進みましたが、出来たのはまあ二分の一といったところでしょうか。刈り取り作業の開始までに急がなければなりませんね。.

〇さすがに周辺の多くの田は刈り取りを終えています。しかし残っているところもまだまだかなりありそうですね。圃場A2、A3の水口周辺の田の乾きは悪いですね。08月24日に落水、09月10日に角落しの桟抜きと、徹底して排水に取り組んできたというのに、いまだぬかるんでいますよ、心配ですね。

2017年09月24日(日)   小池記
posted by 管理人 at 08:13| Comment(0) | 日誌

2017年09月21日

通信《36》刈り払い機の修繕・クサネムの引き抜き

 刈り払い機のハンドが折れてしまったことは通信《35》でお知らせしたとおりですが、東京出張があったりして、具体的対応は今日になってしましました。この機械の購入は2010(平成22)年04月23日ですから、購入して8年目を向かえていました。機種は共立社の共立刈り払い機SRE2610Uでした。15日に早速、購入元のJA東びわこ農機センターにTEL入れたところ、どうやら修理可能ということだったのですが、17日は台風18号で大騒ぎ、18日、19日は東京出張ということで、本日ようやく農機センターに行くことができたというわけです。機械を見ていただいたところ、部品を取り換えで済むとのことで安心しました。空冷の部分のカバーも失っていましたので、これも部品取り寄せということでお願いしました。部品を取り寄せるということなので、やはり1週間ぐらいは待たないといけないようです。収穫前の草刈りの最後の仕上げを急ぎたいところですが、こればかりはどうしようもないですね。でも、修理可能ということですから、不幸中の幸いと感謝しなければなりませんね。ということで、本日は機械なしということで、手作業でできるクサネムの抜き取り作業に徹しました。

2017年09月20日(水)、15:40−17:50、曇りのちはげしい夕立、気温21℃、まったく涼しい 
□クサネムの抜き取り
 クサネムの群生はもっぱら圃場Aに集中しているのですが、中でもとりわけ圃場Aの東側への集中が顕著です。今日は主として、圃場A2、A3のとくにひどい部分を対象に進めました。まあ到底パーフェクトに抜き取ることは不可能なのですが、まあ、あと3日くらい取り組めばかなりかっこはつくことになると思います。しかし、やはりすでに手遅れの状態ではあるのです。つまり、実が実ってはじけてしまっているわけで、そうすると来年もまた大量に発生するということになってしまうわけです。それはそうですが、とにかく圃場の外に運ぶ出だすのが大変ですね。

〇17時40分ごろにはげしい夕立に見舞われて、すっかりずぶぬれになってしましました。夕立ちにあうということは本当に珍しいことで、というよりはこの11年間で初めてのことでした。ということで今日は早めの仕事じまいとなりました。

2017年09月20日(水)   小池記
posted by 管理人 at 11:02| Comment(0) | 日誌

2017年09月15日

通信《35》畦畔草刈り・クサネム等の雑草の引き抜き

 台風18号の動きが不気味ですね。気温も24℃→22℃と一段と低めでしたが、それに加えて台風18号の影響でしょうか、風も強く吹いて、農作業には涼しくて良い環境でした。今日は、集落側の道路の脇の路肩の雑草の草刈り、それに圃場Aの東側畦畔の草刈り、それに田の中の木質化する大型の雑草の引き抜き作業を進めました。しかし残念。途中で刈り払い機のハンドルが折れるというアクシデントで、草刈りはそこでストップせざるを得ませんでした。

2017年09月14日(木)、15:30−18:15、曇り、風強し、気温24℃→22℃
□畦畔草刈り、畦畔ぎわの雑草退治
 圃場A1を完成させ、圃場A2の三分の二にまで進んだところで、刈り払い機のハンドルが折れてしまいました。これでは使いものになりません。ギブアップです。

□クサネム等の大型雑草の引き抜き(手作業)
 圃場A1、A2、A3の東側を中心にかなり引き抜きました(ここらあたりはまだまだ水が十分に抜けていませんね。ほかのところは、ひび割れてしっかりと乾燥しているのですがね。油断は禁物ですね)。最後は圃場A1の南側畦畔ぎわのクサネムを退治しました。しかし完成に至らずで、半分以上残したままです。

〇すごい夕焼けでしたが、きれいというよりはやや気味の悪い、凄みのある夕焼けでした。
それにしても刈り払い機の故障はショックでした。修繕はきかないような気がします。やはり買い替えでしょうかね。購入したのは2010(平成22)年04月23日ですからね、8年目というところですから、もろいというよりは、寿命でしょうか、しょうがないですね。購入ということになりますと(刈り払い機なしでの稲作の継続はまったく考えられないことですから、購入せざるを得ませんが)、取り組み開始が2007(平成19)年で11年目というところで、刈り払い機の購入は今回で3回目の購入ということになります。早速、明朝、JA東びわこ農機センターにTEL入れて在庫を確認して、購入ということにしたいと思います。

2017年09月14日(木)   小池記
posted by 管理人 at 10:16| Comment(0) | 日誌

2017年09月11日

通信《34》角落しの桟抜き・雑草退治

 06日(水)か07日(木)に田んぼに行けたらと思って、天気とにらめっこしてたのですが(日和っていたのですが!)、結果的には予報とは裏腹に06日がましで、07日の方が悪かったのです。06日を見送って、07日を選択したために、残念ながら天候は悪くあきらめざるを得ませんでした。06日の朝方、07日の昼からの雨量は結構多かったみたいですね。われらが田んぼの稲にとっては、まさに恵みの雨だったと思います(落水状態ですから、出穂直後ですからお湿りはありがたいのです)。今日は意外と暑かったですよ。久しぶりに汗でずぶぬれになりました。

2017年09月10日(日)晴れ、15:40−18:40、気温28℃→ 26℃、結構暑かったです 
□角落しの桟抜き
 例によって、圃場Aの5カ所(A1‐1カ所、A2−1カ所、A3−1カ所、A4−2カ所)、圃場B4カ所(B2―1カ所、B3−1カ所、B4−2カ所)、合計9カ所の角落しの桟抜きで、完全落水に入りました。とはいうものの、ホントは圃場Aの7カ所の水口を完全封鎖しないと完全落水にはならないのですがね。近々、水口の完全封鎖を実施しなければなりません。

□雑草退治
 圃場B4の東側の北と南の田の隅の雑草を退治しました。すごい状態でしたが、きれいになりました。クサネムの抜き取りもしました。

〇その後、まだいけるかなと思って圃場A1の東側畦畔に向かいましたが、日没17時58分、夕闇18時30分ということで、たいした仕事にはなりませんでした。それにしても日の暮れるのがほんとに早くなりました。陽が沈んで、あっという間に夕闇ですからね! 

2017年09月10日(日)   小池記
posted by 管理人 at 08:52| Comment(0) | 日誌

2017年09月04日

通信《33》畦畔草刈り

 本日も相変わらず夕方作業で臨みました。仕事内容はシンプルです。ひたすら畦畔草刈り!

2017年09月03日(日)、16:00−18:55、晴れ、気温25℃→23℃、だいぶ涼しくなりました
□畦畔草刈り
 まず初めに、圃場B2の北側畦畔を仕上げました。それから圃場A2、A3、A4の各角落し周辺と、それぞれの田んぼのスミの空白部分の草刈りと進み、最後に圃場2の水口の部分、そして圃場A1の水口周辺の草刈りをしました。こうしてようやく圃場Aの東側畦畔の草刈りへと進みましたが、こちらはようやくその部分に着手したという段階です。これからはここに集中することになります。それと、圃場Aの東側の田の中にはクサネム等の大型雑草が目立ちますので、今後は田の中に分け入って、クサネム等の大型雑草の引き抜きをしなければなりませんね。

〇日が短くなり出すとホントにみるみる短くなっていくという気がします。まさに「秋の日のつるべ落とし」なんですね。今日は西の山の端に雲がかかっていましたので正確な日没時間はわかりませんでしたが、手元が暗くて作業ができなくなる時間、夕闇ともいうべき時間帯への突入は18時35分くらいではないでしょうか。

2017年09月03日(水)   小池記
posted by 管理人 at 11:25| Comment(0) | 日誌