2017年08月07日

通信《28》大豆手入れ・畦畔草刈り

盆前最後の農作業になるかな、その前に何とか大豆の手入れだけはすましておきたいと思い田んぼに向かいました。「命がけの農作業」を覚悟の上での今日この頃の農作業ですが、田んぼに出てみると台風5号の影響なのでしょうか、強風と言っていいほどの風が吹いていて、思ったよりは仕事しやすかったです。それでも今日は田んぼでも31℃ぐらいまでは上がっていたと思います。19時30分過ぎの帰り際で29℃ぐらいだったと思います。少しはまし、といってももちろん汗だくだくになりました。しかし、念願の大豆畑の手入れだけはなんとか完成させました。これで雑草に負けることなく、最後まで生育することと思います。1時間おきに2度の休憩を取り、何とか正味3時間35分の農作業をこなしました。われながらよくがんばりました。少々過酷すぎますね!でもこれが農業ですね。
 仕事じまいは19時45分、すでに日が短くなっており、さすがにもう夕闇が迫っておりました。

2017年08月06日(日)、14:35−19:45、曇り、気温31℃、帰り際には29℃、強い風あり、カンカン照りでないだけましでしたが、もちろん汗だくでした。
□大豆の手入れ
 圃場B2、B3、B4ともに、畦畔の上のりの草を刈り取り、株間の草を引き、完成させました。ちょうど開花期ですね。地上部が茂りすぎて、重くなりすぎて、すでに10株ぐらいは倒伏気味でした。支柱を建てて、直立させました(10株ほど)。

□畦畔草刈り
 圃場B4の三分の二程度の畦畔の草刈りを完成させました(時間切れで内側が多少雑になりましたが)。それにしてもものすごい草丈でした。

○それにしても驚きました。われらが田んぼの圃場B2のコシヒカリは出穂開始です! 早いですね、やはり品種ですね。もちろん本体のヒノヒカリの出穂はまだまだで、多分例年通り08月下旬、早くても盆明けといったところでしょうね。それにしも圃場B2のコシヒカリはかわいそうです。一番水がほしい出穂期に田はカラカラ状態でしたから。やはりきめ細かな用水管理は無理なのですね。半分あきらめ気味ですが。
○用水管理
 よくわかりませんが、圃場A2だけは用水たっぷりの状態でした。他は多分全体としては中干し状態だと思いました。開出今の揚水計画表によれば本日は、4日から7日までの揚水期間に入っているのですがね、事情がよくわかりません。

2017年08月06日(日)   小池記
posted by 管理人 at 09:13| Comment(0) | 日誌