2017年06月30日

通信《23》用水管理・大豆の手入れ・畦畔草刈り

 用水も心配、大豆も心配で今日は夕方作業を目指して圃場に出かけました。天候は曇りで、気温もせいぜい27℃程度だったと思います。もちろんそれでも汗はびっしょりかきましたが、それでもまだまだしのげるという感じでした。家に着いたのは20時過ぎで、日はとうに暮れ、しっかり夜のとばりも降りてということでした。早朝5時起きのような悲壮感はなく! 夕方作業というのもいいものだと思いますが、それも今のうちだけかもしれませんね。それに蚊の大群に襲われたら大変ですしね(幸い本日はまったく蚊の被害はありませんでした)。 

2017年06月29日(木)、15:35−18:55、曇り、気温27℃
□用水管理
 目も当てられません、の一言です。もう完全に中干し状態です。23日に水利係の堀居さんに送ったメールは以下のとおりものものです。
用水管理の状態(06月23日)
本日も田んぼに行ってきました。用水管理についてのコメントは以下のとおりです。よろしくお願いします。
 見た目には良好な状態と思いましたが、間もなく用水不足になるという感じです。とくに圃場A4、B4、圃場A3、B3には用水がまったく届いていない状態です。日曜日から雨で、本格的に梅雨入りという予報ですから、用水管理はむずかしいですが、開出今の揚水計画表によれば、開出今の慣行作では田植え後50日で中干しですから(05月01日に田植えとして、06月中旬に中干し開始ですから)、われらが田んぼの場合は07月中旬までは用水が必要なのです(集落の最初の中干しが不要)。その後、07月中旬から08月中旬まで中干し、その後08月いっぱい湛水、08月31日に後口全開で完全に落水、というような用水管理が理想なのではないでしょうか。もちろん降雨量にも左右されるのですが…。
 それで帰宅してすぐに堀居さんに電話で確認したところ、やはりこのメールを見ていただいてなかったということで、がっかりです。それから1週間の経過ですからね、そりゃあ中干し状態になってしまいますよね。ただちに用水を回していただくようにお願いしたのですが、やはり心配していた通り、周辺の田がすべてすでに中干しに入っていて、ポンプアップしてわれらが田んぼだけに用水を届けることがむずかしいということなんです。しかしそれではこちらも困ってしまうわけで、ここは何とかしてくださいとお願いするほかはないのです。たしかに明日、明後日の降雨確率は高いのですが(70%から50%)、そしてたしかに降ることは降るのでしょうが、雨量についてはどこまで期待できるかどうか。沖縄、奄美大島はすでに梅雨明け宣言ということですしね。われらが田んぼは07月中旬まではやはり用水が必要なわけですし、ここはポンプアップしてでも用水を回してもらわないと困ります。(夜の11時50分に降雨を確認)

□青大豆の生育。発芽状況
 100%発芽を確認! やはり最初から2粒播種すべきだったんですね。圃場ごとの生育状況は以下のとおりです
 圃場B2の58株:生育42株、発芽確認16株、補植02株
 圃場B3の22株:生育13株、発芽確認09株、補植02株
 圃場B4の20株;生育12株、発芽確認08株、補植00株
 合 計     ;生育67株、発芽確認33株、補植04株
 しかしまだ弱弱しい株もありますから補植は必要になると思いますが、2粒播種のものがすべて発芽していますから、今後は追い蒔きせずとも、補植で対応できると思います。
 株回り等、ざざっと除草しておきました。お花畑もざざっと草を刈っておきました。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 青大豆の手入れに時間がかかり、今日は圃場A3の西側畦畔の二分の一程度しか仕上げることができませんでした。この作業の継続のためにも中干しは困るのです。

〇圃場A1、A2の畦畔の草刈りをしていただいてありがとうございます。また大学の除草機で須戸先生でしょうね。ありがとうございます。助かります。

2017年06月29日(木)   小池記
posted by 管理人 at 11:22| Comment(0) | 日誌