2017年04月30日

通信≪06≫取水口手入れ・畦畔草刈り

 取水口の手入れを急がなければ、の思いで今日も田んぼに駆け付けました。今日の天候は、濃霧? 薄雲り? 晴れ? そんな感じの不思議な天気でした。気温はさほど上がっているようには思いませんでしたが、少し熱く、初めて汗をかきました。周辺の田植え作業は徐々に進みつつはありますが、まだまだ本格的に進んでいません。さすがに水張りできた田んぼは増えています。

2017年04月30日(日)、08;15−12:45、濃霧? 薄雲り? 晴れ? 少し暑い 
□取水口の手入れ
 今日は残りの圃場A3の1カ所 A4の2カ所の取水口の手入れを完成させました。不思議なのは用水です。われらが田んぼには、集落の揚水場から、圃場A1とA2の間のところに1本(こちらを仮に第1用水と呼ぶことにします)、圃場A2とA3の間に1本(同様にこちらを第2用水と呼ぶことにします)と、合計2本の用水が配置されています。ところが、本日のところは不思議なことに、第2用水のみがわれらが田んぼに用水を届けてくれているのですが、第1用水はまったく用水を届けてくれていません。ということで、用水の届いている圃場A3、A4、そしてその後(田越し灌漑なので)圃場B3、B4はいずれ近日中に水張り状態を確保できることになります。ところが、圃場A1、A2、圃場B1、B2はこのままではいつまでたってもからから状態ということになってしまします。それでは困りますので、今夕早速、農政部長の堀居さんにTELして、用水を送ってもらうようにお願いします(その後、18時55分に堀居さんにTELしてよろしくお願いしました)。

□畦畔等の草刈り
 本日の畦畔草刈りの完成は、圃場A1の東側畦畔のみでした。また、東側の道路端の草刈りは、圃場A1とA2を完成させさせました。連休中にはこの東側の畦畔、道路端の草刈りを完成させたいと思っています。乞う、ご期待、ってとこでしょうか。

〇それにしても本日は少々気張りすぎでした。夏の熱中症の一歩手前みたいな感じとは違いますが、ヘトヘトという感じでした!

2017年04月30日   小池記
posted by 管理人 at 23:41| Comment(0) | 日誌

2017年04月28日

通信≪05≫花苗定植・取水口手入れ

 連日の田んぼの仕事になりました。それというのもすでに24日に花苗を購入していますので、あまり延期ができないという事情もありましたし、それよりも何よりもできるだけ早く「水張り準備完了」の状態にしておく必要があるという事情もありました。引き続き良い天気でしたが、早朝は見事な快晴、昼からは薄雲広がるという感じでした。今日は風は凪の状態でした。気温は18℃でさほど汗もかかずに快適に作業できました。周辺の田植えは徐々に進んでいますが、いまだ全盛期には至らずというところです。

2017年04月28日(金)、09:10−12:45、快晴から薄雲広がる、気温18℃
□花苗の定植
今日は以下の19株の花苗を圃場B3の西側畦畔に定植しました。スペース的にはあと15株ほは
  マリ―ゴールド            12株
  マックスナム(レッド1、ピンク2)   3株
  ガザニア3号(イエロー1、橙1)    2株
  しゅっこんガザニア(イエロー1)     1株
  カルメン(真紅1)           1株
   合 計                19株
 は植えられると思います。まあ、急ぐことはありませんがね。

□取水口の手入れ
 この作業は、周辺の草を刈って、堰止めしていた土盛りを取り除いくという作業になります。それでスム―ズに農業用水が田んぼに流れ込むようにするわけです。取水口は圃場A1に1カ所、A2に2カ所、A3に2カ所、A4に2カ所、合計7カ所にあります。今日は残念ながら、圃場A1の1カ所、A2の2カ所、A3の1カ所の合計4カ所の手入れを完成させましたが、圃場A3の1カ所、A4の2カ所の手入れを残してしまいました。また日を改めて、近日中に仕上げます。その上で、開出今の水利係の堀居さんにわれらが田んぼにも用水を回していただくようお願いすることにします。

□畦畔すその雑草除去
 圃場B1の東西の畦畔すその雑草を刈り取りました(完成)。それに圃場B3の北側畦畔のすその雑草も刈り取りました。こちらは未完成です。

2017年04月28日   小池記
posted by 管理人 at 19:01| Comment(0) | 日誌

2017年04月27日

通信≪04≫出水口(角落し)の堰止め

 いよいよ連休が近づいてきましたね。連休が近づくということは一斉に田植え開始になるということです。今日のところは、南部では「グリーン中主」あたりが少し、彦根も「まだ少し」といったところです。今日は、「急がなければならない出水口の堰止め」ということで、圃場に駆け付けました。

2017年04月27日(木)09:05−12:50、薄雲り、風強し、気温15℃
□出水口(角落し)の堰止め
 角落しの数は以下のとおりです。したがいまして、合計10カ所の出水口(角落し)の堰止めをし
圃場A1−1カ所、A2−1カ所、A3−1カ所、A4−2カ所
  圃場B1−1カ所、B2−1カ所、B3−1カ所、B4−2カ所
 なければならないわけです。意外と時間かかりました。作業としては桟を「角落し」に落とし込んで、土盛りするという単純な作業なのですが、秋に堰を切るときに周辺の土を流しもっていってしまっていますので、遠くから土を運んで土盛りするということになりますので、大変なんです。何とか10カ所すべて完成させました(4時間近くかかってしまいました!)。しかし、圃場Aの4枚の田に7カ所の水口がありますのでその水口の手入れをしないと「水張り準備完了」とはならないわけです。水口の手入れは、作業としては周辺の草を刈って、堰止めしていた土盛りを取り除いくという作業になります。それでスム―ズに農業用水が田んぼに流れ込むようにするわけです。集落のポンプアップの開始は04月22日なのですが、われらが圃場にはまだ用水は届いておりません。ですから当分の間は雨水のみをため込むということになります。水口の手入れは明日(28日)実施します。

□花苗植え付け準備
 実は、04月24日に10株ほどの花苗を購入してあるのです。それで、明日植え付けを予定していますので、今日はそれに備えて、穴掘りだけしました(15カ所ほど)。昨年はなぜか花の育ちが悪かったのです。まあ。全体で30株ほどは植えることになると思います。今年はすでにアマリリスがすごく元気に育っています。2株ほどですが、例年にない勢いで育っています。
  おかげさまで明日も天気はよさそうですね。




2017年04月27日   小池記
posted by 管理人 at 19:29| Comment(0) | 日誌

2017年04月23日

通信≪03≫畦畔草刈り

 昨日は東京での研究会に出席して、今日は心機一転、田んぼです。
 周辺の田んぼですが、水張り田が増えていますが、いまだなお田植え開始は1件も見当たりません。まだまだのようですが、しかしもういつ始まってもおかしくないという状態ですね。今日は本当に良い天気で西山に少し雲がかかっている程度で、まず快晴と言っていいかなと思います。ただし、風はやや強かったです。行く道々の川岸にずらっと並んで、モロコ釣りなんですね。今ごろの季節になると、田畑を流れる川の水かさが増して、水位がグッと上がって、まるで川が盛り上がった感じになるんですね。何となくセザンヌの画を連想させるような風景です。

2017年04月23日(日)、09:25−12:55、快晴、風やや強し、気温17℃
□大豆の剥き殻燃やし
 20日につづいて、残りの3袋の大豆の剥き殻を燃やしました。これで完了です。わが家のテラスもきれいになりました。

□畦畔草刈り
 今日は圃場B3、B2の西側畦畔(B3はお花畑、B2は大豆畑)の畦畔の草刈りを完成させました。

〇そろそろわれらが田んぼも水口(みなくち)の手入れ、水尻りの堰止めをして水張り態勢に入らなければなりません(昨年は20日―24日)。のんびりしてはいられない状況ですね。

〇20日の通信を通信≪01≫としましたが、間違いでした。実は今年の01月11日にすでに通信≪01≫を出しておりましたので、今回の通信ナンバーは≪03≫とさせていただきました。

2017年04月23日   小池記
posted by 管理人 at 22:06| Comment(0) | 日誌

2017年04月21日

2017年04月通信≪01≫仕事始め!畦畔草刈り

昨年の通信≪01≫が03月20日発行でしたから、なんと1カ月遅れということで、申し訳ない次第です。03月10日(金)から04月09日(日)までほぼ1カ月、フランス・レポートの執筆に専念していましたので、こんなことになってしまいました。今日は、早起きはできませんでしたが、とにかく田んぼ仕事の口火を切らなければの思いで圃場に出かけました。
 周辺の田んぼの状態は、南部はさすがにまだまだ水が張られている状態の田はありませんでしたが、彦根はもう代掻きも済み、間もなく田植という状態の田もかなり出てきています。
 本日の天気は、なんかぼんやりとしたはっきりしない天気模様でした。春霞というのでもなく、まあ薄雲りで、薄日も射すというような感じの天気でした。気温は20℃にもなっていましたから、暑くもなく、寒くもなくの過ごしやすい天候ということだったと思います。
 実は出かける前は、少し憂鬱でした。というのも、どうしても昨年の収穫あとのあのコンバインによってつくられた見るも無残な蛇行状態の田んぼを連想してしまうからです。ところがなんと! われらが田んぼは、まあきれいに整地され(春お起しされ)、畦畔の草刈りもかなり進んでいる状態で、思わず、アッと驚いてしまいました。これも辻さんの春起こし、田中さんの草刈りによるものだったわけです。出かける前の、憂鬱な気分はすっ飛んで、感激でした。思わず、「今年もがんばるぞ!」という気分になってしまいました。辻さん、田中さんありがとうございました。

2017年04月20日(木)、11:10−13:45、薄雲り、薄日射す、気温20℃ 
□大豆の剥き殻を燃やしました
 昨年収穫した大豆を持ち帰っては夜なべ仕事で大豆の莢剥きをしたのですが、その剥き殻が8袋ほどテラスに置きっぱなしになっていたものを、田に残されていた稲わらとともに燃やす作業をしました。今日は8袋のうちの4袋を燃やしました。よく乾燥していますからよく燃えました。田の稲わらは 半分土に埋まってたりしていたものもありましたので、すべてを燃やすことはできませんでした。また日曜日にでも残りの4袋を燃やします。

□畦畔の内側の草刈り
 機械刈りされた畦畔の内側の雑草を刈り取ったり、出水口(角落し)の清掃をしました。圃場Aの西側畦畔、それから圃場B4の西側畦畔あたりは仕上げました。

〇まあ、こうして何とか2017年産の米作りをスタートさせることができました。皆さん本年もよろしくお願いします。

2017年04月20日(木)       小池記 
posted by 管理人 at 21:24| Comment(0) | 日誌