2017年05月21日

通信≪11≫畦畔ぎわの雑草除去

 畦畔ぎわの雑草除去をパーフェクトに仕上げることはできなくとも、田植えまでに少しでもきれいにと今日も田んぼに出かけてきました。南部も北部もまだ少し田植えができていない田んぼが見受けられます。まだまだ大規模農家が必死に田植え作業に取り組んでおられるのでしょうね。恐らく、6月に入ってもまだ田植え作業は続いているのでしょうね。相変わらず、薄雲広がるも天候は晴れの天気が続いています。でも今日は気温が少しおかしかったです。彦根は23℃で、草津は31℃でした(道路端の表示)。8℃も違うというのは驚きでした。今日、週間天気予報で田植え予定日の27日(土)の予報が出ました。曇りのち晴れで、降雨確率30%ということです。来週は同じような天気が何日も続くようです。

2017年05月21日(日)、08:35−11:45、薄雲広がるも晴れ、彦根23℃、草津31℃(!)
□畦畔ぎわの雑草除去
 今日は田んぼの真ん中を走る農道の両脇、つまり圃場Aの西側畦畔、圃場Bの東側畦畔の畦畔ぎわの雑草除去に取り組みました。完成には至りませんでしたが、この部分に関してはもう1日あれば完成できそうです。ということで、田植え前にもう1日この作業を続けたいと思います。

〇辻さんの代掻き作業
 圃場に到着しますと、すでに辻さんが圃場B4(40a)の仕上げの代掻きに取り組んでおられました。ということは、この1週間の間に、すべての田んぼのあら代掻き≠済ませてしまっていたということです。辻さんはお昼までに圃場B4の仕上げ代掻きを終え、圃場A4進んでおられました。先週の日曜日(14日)段階とは大違いで、われらが田んぼは見違えるようにきれいになっていました。ただし、畦畔ぎわはそういうわけにはいかないのですね。さらに畦畔ぎわの雑草除去に励みます!

〇田中さんの畦畔の草刈り
 こちらの作業も、田植え前の畦畔草刈りということで、この1週間の間に取り組んでいただいたのですね。第2回の畦畔草刈りも完成させていただきました。

*ということで、田植え作業に向けての作業が着々と進められています。ありがたいことです。

*須戸先生からの連絡で、学生の田んぼ(圃場B1)は、29日(月)に田植え作業を予定しているとのことでした。それに、大学の圃場に新たな新型の除草機が導入されたとのことでした。今年は学生の圃場の草刈りには希望がもてそうですね。

2017年05月21日(日)   小池記
posted by 管理人 at 18:43| Comment(0) | 日誌

2017年05月14日

通信≪10≫用水管理、畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草除去

 昨日は雨でしたが、予報に反して雨量は少なかったようですし、昼からは早くも上がっていましたよね。でも、農作物には良きお湿りだったでしょう。田植え作業も最終版を迎えているようですが、少しづつ少しづつ残っているようです。大規模農家の田植えはなかなか終わらないのでしょうね。

2017年05月14日、08:50―11:55、薄雲広がるも晴れ、気温23℃、無風
□用水管理
 8枚の田ともほぼ同じような水張り状態になりました。昨日の降雨の影響もあって、圃場Bの5カ所のすべての水尻りから用水が流出している(オーバフローしている)状態で、用水は過剰気味です。それで、東側の用水路に設置してある堰止めを少し緩めて、田への流入を減らす手当てをしました。

□畦畔の草刈り・畦畔ぎわの雑草除去
 引き続き圃場A2の北側畦畔の草刈りと、畦畔ぎわの雑草除去に取り組みました。進捗状況は思わしくありません。畦畔草刈りで半分、畦畔ぎわの雑草除去で三分の一といったところです。大変な作業です。ほとんどの畦畔が同様の作業を必要としているのですが(例外は圃場Bの西側畦畔、圃場Aの東側畦畔)、田植え作業前までにはとてもやりきれないでしょう。毎日来れるわけでもありませんしね。

2017年05月14日(日)   小池記
posted by 管理人 at 20:53| Comment(0) | 日誌

2017年05月12日

通信≪09≫用水管理・畦畔草刈り

水張り状態が気になって田んぼに駆け付けました。07日(日)の用水管理の手当てが効果を上げているかどうかですね。畦畔ぎわの雑草退治は、水張り状態になりますとむずかしくなってしまうんですよね。しかし気になる畦畔はいっぱいです。とくに圃場Aの東西の畦畔に集中しているようです。

2017年05月12日(金)、08:25−11;45、薄雲広がるも晴れ、無風、気温23℃
□用水管理
 結論から言うと、07日(日)の調整の結果を反映して、水張り状態は07日の逆の結果になっていました。つまり、圃場A1、B1、圃場A2、B2でやや不足気味、圃場A3、B3、圃場A4、B4で充足、というよりは圃場B3、B4の水尻から用水が流出という結果です(オーバーフロー)。したがいまして、圃場A1、A2で注水を促し、圃場A3、A4で注水抑制の調整を図りました。この調整が良い結果をもたらすかどうかはまた14日(日)あたりで点検することになると思います。以上の用水管理に1時間を要しました。用水管理には結構手間がかかるのですね。

□畦畔草刈り・畦畔ぎわの雑草退治
 今日はもっとも気になっている畦畔、圃場A2の北側畦畔に取り付きました。その結果はどうでしょう! 約1時間30分でせいぜい10メートルほど進んだだけです。ほとんど絶望的な進捗状況です。単なる畦畔草刈りならいざ知らず、畦畔ぎわの雑草退治ということになりますと、用水に浸かった部分に関しては、まったくの手作業ということなるわけです。加えてメインの雑草がキシュウスズメノヒエということですから、きわめて手ごわい相手です。あまりの手ごわさに、田植えまでにどこまでできるかなんて、ほとんど展望が見えないというのが実態です。

〇今日はさすがに暑かったです。下着が汗でぐっしょりというのは今年初めてでしょうね。気温23℃でこれですから、これより10℃も高い7月の畦畔草刈りがいかに大変か、推して知るべしですね。

2017年05月12日(金)   小池記
posted by 管理人 at 20:25| Comment(0) | 日誌